デンタルワーカーの紹介手数料はいくら?歯科衛生士の採用を成功させる方法

2023.08.24
歯科衛生士のイメージ

近年、歯科業界では人手不足が深刻化してきており、歯科衛生士を募集している歯科医院は多くあります。そのため、デンタルワーカーを利用して歯科衛生士を雇いたいと考える方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、「紹介手数料はいくらかかるのか」や「本当に歯科衛生士を雇えるのか」と不安に感じる方もいるでしょう。そこでこの記事では、デンタルワーカーの概要をはじめ、紹介手数料や特徴などを具体的に解説します。

デンタルワーカーとは?

「デンタルワーカー」とは、歯科衛生士をはじめとした専門職の求人情報に特化した人材サービスを提供している転職サイトです。歯科衛生士や歯科医師の資格を持っている方のほか、現在就学中で歯科業界に関する資格の取得見込みがある方が就職先や転職先を探すために利用されています。

「新たにスタッフを雇いたいけど、資格を持つ人材を雇いたい」という際は、デンタルワーカーを活用すると良いでしょう。

同じく歯科衛生士の人材紹介サービスを展開している「ファーストナビ」については、ファーストナビの紹介手数料はいくら?採用を成功させる方法やよくある質問の記事にて紹介していますので、ご興味がある方はあわせてご覧ください。

デンタルワーカーの紹介手数料について

業界に限らず、働く者と雇う者をつなぐサービスを活用する際はどうしても紹介手数料が発生します。

デンタルワーカーを通じて採用することになった場合、歯科医院や採用担当者側はデンタルワーカーにどれくらいの紹介手数料を支払うことになるのか気になるという方は多いのではないでしょうか。

ここでは、デンタルワーカーの紹介手数料について具体的に解説します。

成功報酬制で採用成功まで手数料は0円

デンタルワーカーは成功報酬制であるため、採用が成功するまでは手数料は一切かかりません。何件も募集を出したとしても、採用がなければデンタルワーカーのシステム側に料金を支払う必要はないのです。

そのため、「デンタルワーカーを利用してみようかな」と悩んでいる歯科医院や採用担当者にとって、非常に嬉しい仕組みといえるでしょう。

採用成功まで何度でも人材を紹介してもらえる

デンタルワーカーでは、歯科医院や採用担当の希望する人材をデンタルワーカー側が紹介をしてくれる仕組みがあります。そのため、自分でメッセージのやり取りをしたり、履歴書のやり取りをしたりするといったことはありません。

ただし、直接やり取りするわけではないため、紹介してもらった人材が希望する人材と異なってしまっているという場合もあります。万が一、マッチング採用にならなかった場合は、歯科医院や採用担当側の利用料金が0円であり、何度でも人材を紹介し直してもらうことができます。

人材とのマッチングに対してコストがかからないことは、非常に大きなメリットといえるでしょう。

採用が成功したら紹介手数料がかかる

デンタルワーカーを通じて、歯科衛生士やスタッフを採用した場合にはじめて紹介手数料が発生します。

その際、デンタルワーカーに支払う金額は、「理論年収の35%」と設定されています。

「理論年収」とは、求人情報に記すことになる金額であり、月給のほかに賞与や手当などに基づいて計算をされます。

ただし、個人によって変動する「交通費」は、理論年収には含まれませんので注意してください。

また、デンタルワーカーの成功報酬については、デンタルワーカーの成功報酬額はいくら?採用成功までの費用を下げる方法の記事にて紹介していますので、この機会にあわせてご覧ください。

デンタルワーカーの特徴とは

デンタルワーカーの主な特徴は、以下の2つです。

  • 非公開求人が多い
  • 全国エリアに対応している

下記では具体的に解説します。

非公開求人が多い

デンタルワーカーは非公開求人が比較的多いです。サイトには掲載されていない非公開求人は、デンタルワーカーの電話窓口やメールマガジンにて紹介しています

歯科医院や求人担当者がこの特徴を上手に利用するためには、特に人材にこだわりたい職種やポジションの求人を、「デンタルワーカーの非公開求人」として預けることで、非公開求人として扱われます。

全国エリアに対応している

地域限定の転職サービスに対し、デンタルワーカーは全国のエリアに対応しています。検索画面の「歯科衛生士求人を探す」から地域や詳細条件で検索をかけることができ、地域選択では47都道府県、または人気都市を選択して案件を探すことが可能です。

そのため、自身の歯科医院がどこに拠点を置いていたとしても、全国から歯科衛生士を紹介してもらえるチャンスがあるといえるでしょう。

歯科衛生士の採用を成功させるためには

デンタルワーカーで歯科衛生士の採用を成功させるために、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

歯科衛生士の採用を成功させるために特に押さえておきたいポイントは以下の4つです。

  • 自医院の内部環境を整備する
  • 自医院の魅力を適切にアピールする
  • 求める歯科衛生士像を絞り込む
  • 採用代行を利用する

下記では、具体的に解説します。

自医院の内部環境を整備する

デンタルワーカーなどの求人サービスで仕事を探すような方の場合は、ネットリサーチに長けている場合が多いです。現代では多くの口コミが飛び交っており、誰でも簡単に目にすることができるので、患者さんの声や昔働いていた人の声などが目につきやすくなっています。

そのため、良い印象だけでなく、悪い印象も瞬く間にネットに広がりやすいといえます。まずは、医院長などが率先して人間関係の改善や給与の適切化を図り、職場環境を整えることからはじめてみると良いでしょう。

自医院の魅力を適切にアピールする

飲食店などと異なり、病院やクリニックはSNSを利用しているイメージはそれほどないかもしれません。しかし、自医院のホームページやブログなどを作成し、積極的に更新して自医院の魅力を適切にアピールしていくのも非常に効果的です。

たとえば、Twitterで興味深いコラムやつぶやいたり、Instagramで清潔かつ落ち着いた院内を伝えたりすれば、歯科衛生士のみならず、患者さんとなる見込み客へも良い印象を与えることができるでしょう

さらにそのような写真やブログ、SNSなどのリンクを適切にデンタルワーカーに掲示してもらうことも有効な手段です。

求める歯科衛生士像を絞り込む

デンタルワーカーに求人情報を記載する際は、求める歯科衛生士像を絞ることも大切です。「自医院ではどのような歯科衛生士を求めているのか」などを院内で話し合い、理想像を明確にしておくことをおすすめします。

デンタルワーカーを閲覧している方が、「まさに自分が求められている」と感じられるような採用ページを作成できればベストです。理想とする歯科衛生士像には年齢や性別ではなく、仕事観や得意とする患者さんへのケアなどを盛り込むとより良いでしょう。

採用代行を利用する

デンタルワーカーなどの転職をサポートしてくれるサイトは人材紹介サービスですが、「採用代行サービス」を利用するのも1つの方法です。採用代行サービスは紹介や仲介だけではなく、「どの人材を採用するか」などを適切に検討してくれる役割を担ってくれます。もし、自医院に採用や人事の専門家がいない場合は、採用代行サービスを利用したうえで外部委託でデンタルワーカーなどの求人を任せると、より良い採用が見込まれます。

プロフェッショナルの目線がほしいなと感じたら、採用代行サービスを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

デンタルワーカーを利用する際によくある質問

ここでは、デンタルワーカーを利用する際によくある質問についてをまとめました。

疑問などがある場合はぜひ参考にしてみてください。

デンタルワーカーに問い合わせる方法は?

デンタルワーカーに何か質問や意見などがあった場合は、電話かメールで問い合わせることが可能です。電話に関しては、公式サイトのページ上部に大きく記載されている電話番号から直接問い合わせをすることができます。営業時間と上手く噛み合わないという場合は、メールフォームで問い合わせすることができます。

「採用ご担当者様へ」というページから問い合わせ内容を選択し、メールフォームを入力してください。その際、返信先の電話番号とメールアドレスに誤りのないように注意しましょう。

デンタルワーカーは歯科医師も採用できる?

デンタルワーカーでは、歯科医師の採用も可能です。

デンタルワーカーの閲覧者の多くは、歯科衛生士の資格を持っている方が多いですが、歯科医師の求人を探すページも充実しています。

そのため、歯科衛生士だけでなく、歯科医師の求人募集をかけ、歯科医師を採用することもできます。

デンタルワーカーを退会したい

万が一、デンタルワーカーを退会したいと思った場合は、問い合わせと同じ方法で退会の申請を行うことができます。電話かメールフォームから退会希望の旨をデンタルワーカーに伝えてください。

電話番号はホームページ上部に大きく記載されており、メールフォームは「採用ご担当者様へ」というページから入力することができます。

歯科衛生士の採用代行ならデンタルHR総研

採用や人事のプロに業務を委託する「採用代行」を自医院で検討したいという場合は、歯科業界の人事採用に特化した採用代行サービス「デンタルHR総研」にお任せください。

ここでは、デンタルHR総研の主な特徴について2つご紹介します。

明瞭な3つの料金プランでお得に利用できる

デンタルHR総研には、プランが3つに分かれています。月額費用が一切かからず、成功報酬制の「ベーシックプラン」や、月額報酬は5万円で代わりに成功報酬がベーシックプランの半額以下になる「プレミアムプラン」、月額報酬が8万円で成功報酬は一切発生しない「VIPプラン」があります。

デンタルHR総研は比較的分かりやすく、シンプルでキリの良い料金形態が人気です。

採用の工程を丸投げできる

デンタルHR総研では、採用代理サービスのための業務の委託をすることができ、採用についての流れを一貫して請け負ってくれるタイプの採用代理サービスです。担当してくれる分野が限られているわけではないため、ほかの採用代行サービスと併用する必要はなく、自医院で採用担当の部署を立ち上げてスタッフを割く必要もありません。

そのため、デンタルHR総研に採用の工程を丸投げすることができます。

デンタルHR総研のサービス内容

まとめ

デンタルワーカーの概要や特徴、よくある質問などをご紹介してきました。歯科業界専門の転職就職サービスのデンタルワーカーであれば、手数料が紹介報酬制であり、限定非公開案件も預かってもらうことができます。さらには、採用代行のサービスを上手に利用することで即戦力となる人材を採用することも可能です。

自医院の運営に注力しながら採用のプロに人事を任せたいと考える場合は、ぜひデンタルHR総研を検討してみてください。

デンタルHR総研への問い合わせはこちら

お役立ち情報歯科衛生士特集&ピックアップ
デンタルワーカー人材紹介採用戦略採用費歯科衛生士採用

国民皆歯科健診とは?実現されたら歯科医院に起こる変化

2022年6月に、日本政府は国民全員の歯科健診を義務化する「国民皆歯科健診」の検討を発表しました。 国民皆歯科健診とは、日本の公的な保健サービスの一環として行われる、全ての国民に対する定期的な歯科健診 ...

【例文付き!】歯科衛生士へのスカウトメール書き方ガイド|応募率UPのコツや、送るべき時間帯も解説!

グッピーやジョブメドレーの「スカウトメール」、うまく活用できていますか?上手に使えば非常に有効な手法ですが、何も知らずにただ闇雲に使ってしまうと効果がないだけなく、逆に印象を悪くしてしまう恐れもあります。 この記事ではスカウトメールの効果的な送り方、応募率UPのコツや、送るべき時間帯も例文付きで解説しています。 スカウトメールを初めて使う方、今よりもっとスカウトメールを有効活用したい歯科医院様は必見です。

歯科コンサルタントの評判は?良いコンサルタントを選ぶためのコツ

コンサルタントと聞くと、企業を対象とするサービスといったイメージを持つ方は多いかもしれません。しかし近年歯科医院間の競争が激化し、業績アップや人材獲得のためにコンサルタント会社に依頼する歯科医院が増え ...

【採用担当者向け】ジョブメドレーの成功報酬はいくら?料金形態を徹底解説

歯科衛生士の有効求人倍率は現在20倍を超えており、これは1名の求職者に対して20医院以上の歯科医院の求人があることを意味します。 採用が難しい世界ですが、求人サイトを活用することで効率的な採用活動がで ...

歯医者の給料・平均年収は?開業医と勤務医の違いも解説

歯科医師の採用にあたって、歯医者の給料や平均年収がどれぐらいかを知っておきたいと考えている方もいるでしょう。 本記事では、歯医者の給料や賞与・ボーナス額の具体的な額をご説明し、開業医と勤務医の年収の違 ...

【医院向け】「労働条件通知書」と「雇用契約書」についての解説〜歯科衛生士・歯科助手・歯科医師共通〜

歯科医院における早期退職の原因である採用のミスマッチ。その原因は「聞いていた話と違う」です。そんなミスマッチをなくす意味でとても重要なのが「労働条件通知書」と「雇用契約書」。この記事ではそんな「労働条件通知書」と「雇用契約書」について詳しく解説しています。

デンタルワーカーの成功報酬額はいくら?採用成功までの費用を下げる方法

ファーストナビの紹介手数料はいくら?採用を成功させる方法やよくある質問