ファーストナビは怪しい?歯科衛生士の採用を効率化させるポイント

2024.02.19

歯科医院で歯科衛生士の採用を担当している方の中には、思うように採用活動が進まずに悩んでいる方もいることでしょう。本記事では、国内最大級の歯科衛生士の転職支援サービスであるファーストナビについて分かりやすく解説します。口コミも合わせて解説するので、ファーストナビを理解する上で参考にしていただければ幸いです。また、歯科衛生士の採用を効率化したい方に向けたポイントもご紹介します。

ファーストナビが怪しいと言われる理由

ファーストナビが怪しいと言われることがある理由は以下のような点です。

  • 担当者からの連絡の頻度が多く感じる
  • 退会方法が分かりにくい
  • 担当者と会わないことがある
  • 非公開求人がある

具体的な理由を以下で解説します。

ファーストナビの詳しい特徴は以下の記事もご参照ください。

ファーストナビの紹介手数料はいくら?採用を成功させる方法やよくある質問

ファーストナビの成功報酬はいくら?歯科衛生士採用の費用が高くなる理由

電話やメールの頻度が多く感じる

ファーストナビに対してマイナスイメージを抱く人がいる理由は、電話やメールの頻度が多く感じられる点です。こまめな連絡でサポート体制を充実させているのが魅力である反面、人によっては、連絡の頻度が多すぎてストレスに感じてしまうことがあります。サービス内容を把握するために登録をしたものの、担当者からの頻繁な電話やメールに悩まされてしまったケースもあります。

退会の方法が分かりにくい

ファーストナビのサービスのサイト上には退会ページがありません。退会しようと思っても、退会方法に関する情報がサイト内に掲載されているわけではないため、不審に感じてしまうことがあります。フリーダイヤルやメールを使い退会方法を問い合わせることはできますが、分かりやすい形で退会方法が説明されていない点は、ファーストナビのデメリットとも言えます。

担当者と合わないことがある

担当者と合わないことがある点もファーストナビの悪い評価の原因です。歯科衛生士の転職をサポートする上では、細かな点にも配慮した雇用条件のすり合わせが求められます。担当者との信頼関係を築くことができない場合、求める人材の条件に合わせた適切な提案を受けることができず、採用が難航してしまう可能性もあります。

非公開求人がある

非公開求人はファーストナビならではのメリットであると同時に、分かりづらさを感じる原因にもなっています。非公開求人数の充実度は、ファーストナビの専門性の証であるため、マイナスポイントではありません。誰もが求人情報を見れる状態にするのではなく、求人の非公開設定により、真剣に転職を希望する応募者の目に留めてもらえるようにしているのが、ファーストナビの特徴です。

ファーストナビの口コミから分かるメリット

ファーストナビを利用したことがある人は、どのようなことを感じているのでしょうか。歯科衛生士の資格を持つキャリアアドバイザーがいる・求人数が多いため注目度が高い等の口コミから、ファーストナビのメリットを把握するヒントになれば幸いです。

歯科衛生士の資格を持つキャリアアドバイザーがいる

「ファーストナビを利用したことで、歯科医院内部のことが求職者に的確に伝わり、理解を深めてもらいやすくなり、大変満足しています。歯科衛生士の資格を持つキャリアアドバイザーがいるので、現場の事情を適切に汲み取って、求めている人材とのマッチングを叶えてくれてありがたかったです。キャリアアドバイザーのアドバイスから、歯科医院で抱えている課題について客観的に捉え直す機会も得ることができて、本当に感謝しています。紹介していただいた人材を大切に育てて、より健全な経営をしてゆきたいです。」

ファーストナビには、歯科衛生士の資格を持つキャリアアドバイザーが在籍しています。歯科内部の知識を持ちながら、両立の立場で求職者と医院側にアドバイスを行うのは心強いと考えられます。

求人数が多いため注目度が高い

「いくつかの求人媒体を利用して歯科衛生士を募集しましたが、一向に応募者が見つからず、対策方法を迷っていたところ、ファーストナビを知り利用を決めました。結果的には、求人数が多いため、複数の転職希望者に注目してもらうことができ、ファーストナビを選んで正解でした。さすがは国内最大級の規模を誇る転職支援サービスだな、と感心しております。」

ファーストナビは、年間で2万人を超える歯科衛生士の登録がある国内最大級の転職サービスです。求人数がトップクラスのため、多くの転職希望者に求人を知ってもらうことができます。

ファーストナビの口コミから分かるデメリット

多様なメリットを持つファーストナビですが、利用する上ではデメリットやリスクが伴うのも事実です。担当者により対応が異なる・電話やメールがしつこい等の悪い口コミと共に、利用する上で注意しておきたいポイントを解説します。

担当者により対応が異なる

「知り合いの経営する歯科医院にもいくつかファーストナビを利用しているところがありますが、話を聞いていると、必ずしも同質なサービスが提供されているわけではないと感じました。担当者によって、求職者へ求人をあまり紹介しなかったり、雇用する側に人材紹介をしてもらえなかったりするのは、少し問題があるのかもしれないと思います。行き届いた対応をしてくれる担当者も充実していると聞くので、前向きにかつ慎重にサービスを利用してゆきたいですね。」

担当者により対応の質が異なるとの声です。担当者との相性もありますが、万が一、担当者と合わない場合は問い合わせ窓口に連絡し、担当者を変更することができます。

電話やメールがしつこい

「サービス面では満足できた点もあったものの、電話やメールがしつこい印象を受けたのが、残念です。忙しい時間帯に何度も連絡が来たため、対応に困ってしまったことも少なくありませんでした。冷静にサービスの質を見極めた上で納得してサービスを利用したかったのですが、度重なる連絡に対してマイナスイメージが強くなってしまい、利用したい気持ちが失せてしまいました。フォロー体制がしっかりしているとプラスに捉えられれば良かったのかもしれない、と思ったりもしています。」

ファーストナビでは、担当者が採用活動をサポートするため、採用活動中は担当者から確認等の連絡で電話やメールが来ることがあります。場合により頻度が多いと感じた際は、前述したように担当を変更することも可能です。

歯科衛生士の採用を効率化させるポイント

歯科医院で採用を担当している方に向けて、歯科衛生士の採用を効率化させるポイントをお伝えします。歯科衛生士の採用を効率化させるポイントは以下になります。

  • 効果的な求人票を作成する
  • 自社のホームページを充実させる
  • 採用代行サービスを活用する

以下で詳しく解説します。また、歯科医院の規模を問わずおすすめできるポイントを以下でご紹介するため、採用を行う上での参考にしてください。

効果的な求人票を作成する

歯科衛生士の採用を効率化させるには、効果的な求人票の作成が大切です。求人票は、どのような条件の人材を求めるかを伝えますが、当たり障りのない内容を記載していると、求職者の関心を引くのが難しくなります。条件の内容は、詳しい方がより分かりやすい反面、求職者にはハードルが高く感じられることもあるので注意が必要です。仕事を円滑に行ってもらうための必須条件を明確にした上で、優遇される資格や経験にも言及し、メリハリのある求人情報を作成しましょう。

自社のホームページを充実させる

自社のホームページを充実させることも歯科衛生士の採用の効率化になります。インターネットが身近な現在は、転職先の情報を得る上でもネットを活用する人が増えています。自社のホームページで歯科医院の理念を伝えることで、理念に共感し長期的に働ける人材の確保につながります。自由診療や予防歯科・歯科医院の専門性に関する内容の発信等も志の高い有能な歯科衛生士を獲得する上で有効です。歯科医院の雰囲気が把握しやすいホームページを作成して、効率的な採用を実現しましょう。

採用代行サービスを活用する

歯科衛生士の採用に対して負担を感じている方は、採用代行サービスの活用も検討しましょう。採用代行サービスを利用することで、採用活動に関する豊富なノウハウや実績を基にした効果的な方法を提案してもらうことができます。採用活動の初期段階で悩む方が多い求人の原稿・スカウトメールの作成等の作業も依頼でき、採用に係る負担を大幅に減らせるのは、採用代行サービスならではのメリットです。

歯科衛生士の採用ならデンタルHR総研へ

 

歯科衛生士の採用ならデンタルHR総研にお任せください。歯科人材の採用のノウハウを生かしたサービスを展開しているため、スタッフ採用の不安や悩みを抱える採用担当者の方に寄り添ったサービスの提供ができます。採用の全ての工程を丸投げできる・医院のニーズに合わせた3つの料金プラン・24時間日本全国どこでも対応可能なデンタルHR総研ならではのメリットについて解説します。

採用の全ての工程を丸投げできる

デンタルHR総研の採用代行サービスでは、採用の全ての工程を丸投げできます。診療で忙しく採用まで手が回らない場合は、弊社に採用の全てをお任せください。もちろん、貴院と弊社で担当する役割の分担も可能ですので、貴院にとって最善の策を考えたサービスをご利用いただけます。貴院の負担になっている部分については弊社が担当し、こだわりたい部分に関しては貴院が担当する等、柔軟な使い方をして満足度の高い採用に結び付けてください。採用前や採用時の負担を減らせるだけでなく、求職者へのアフターフォローも完備しており、採用後の負担も軽減できます。

医院のニーズに合わせた3つの料金プラン

デンタルHR総研では、医院のニーズに合わせた3つの料金プランから適したプランを選択可能です。ベーシックプラン・プレミアムプラン・VIPプランの3プランがあるため、ニーズに合ったプランをお選びください。月額費用ゼロで利用できるベーシックプランは、入職時にのみ報酬が発生する完全報酬型のプランで、ノーリスクでの採用が実現できます。複数名の採用を検討している場合は、VIPプランがおすすめです。VIPプランには月額費用が発生しますが、成功報酬が不要なため多くの人材を採用した場合であっても、追加料金なしで安心して利用していただけます。費用対効果を重視する歯科医院には、プレミアムプランが適しています。比較的安価な月額費用と成功報酬をバランスよく組み合わせたプランであり、効率的な採用を実現したいニーズにしっかり応えてくれることでしょう。

24時間日本全国どこでも対応可能

デンタルHR総研は、24時間日本全国どこでも対応可能です。診療が忙しく、なかなか採用活動を行う余裕がない歯科医院であっても診療の合間の時間等を有効活用し、快適にサービスをご利用いただけます。メールや電話のみならず、気軽に相談しやすいLINEでのサポート体制も整えております。オンラインでの無料相談会も実施していますので、まずは無料相談で、デンタルHR総研のサービスを体感してみてはいかがでしょうか。

「zoom」を利用したオンラインによる無料相談会は、オンライン無料面談予約フォームからご予約ください。

まとめ

歯科衛生士の転職サポート支援を行うファーストナビは、歯科衛生士の資格を持つキャリアアドバイザーによるきめ細やかなサービスや求人数の豊富さが高く評価されています。一方で、連絡の頻度が多い・退会方法が分かりづらいとネガティブな口コミ評判もあります。決して怪しいサービスではありませんが、注意点も踏まえて慎重に利用してください。歯科医院を支えてくれる歯科衛生士を効率的に採用するには、効果的な求人票を作る・自社のホームページを充実させる・採用代行サービスを活用するのが重要です。充実した採用代行サービスを提供するデンタルHR総研では、医院の求める人材を採用するためのサポートを一から行います。完全報酬型ですので、採用するまで費用は一切かかりません。

歯科衛生士の採用にお悩みの歯科医院は、この機会にぜひデンタルHR総研をご利用ください。デンタルHR総研はこちら

お役立ち情報歯科衛生士
ファーストナビ採用代行・アウトソーシング歯科衛生士歯科衛生士採用求人媒体・求人サイト

グッピー求人で歯科衛生士の採用を成功させよう

歯科衛生士の求人倍率はとても高く、圧倒的な売り手市場となっています。 求人サイトに求人を出してみても、なかなか良い人材を採用できないとお悩みの医院さまは多いのではないでしょうか。 良い人材を採用したい ...

歯科医院のコンサルティングとは?費用相場やメリットを紹介

歯科業界では、優秀な歯科医師や歯科衛生士を採用するのが困難な状況が続いているため、多くの歯科医院が新たな採用手法を模索しています。 そこで注目されているのが、歯科コンサルタントの活用です。コンサルタン ...

グッピーで求人掲載するメリットを採用担当者向けに解説

医療系の求人は悩みの種です。ただでさえ人手不足のうえ、専門性の高い職種なので妥協も許されません。通常業務だけでも神経を使うのに、採用作業も加わると負担は増していくばかりです。 本記事では、そんな採用担 ...

「国民皆歯科健診」施行でどう変わる?歯科衛生士の採用と教育が急務な予感 !?

日本政府が導入を検討している「国民皆歯科健診」歯科業界にとって嬉しいニュースであると共に心配事もあります。1番の懸念材料は歯科衛生士採用難による歯科衛生士不足です。 この記事ではそんな骨太方針の内容についての予測と対策について解説しています。 歯科医院、歯科業界に関わる皆様にご覧いただければ幸いです。

歯科衛生士の採用は難しい?誰も教えてくれない歯科衛生士の採用方法

歯科衛生士の採用は難しい。そう思っていませんか?基本さえ理解してしまえば難しくはありません。 この記事では歯科衛生士採用の全体像と基本的なフレームについて解説しています。 歯科衛生士の採用でお悩みの歯科医院必見です。

歯科衛生士の目標例とは?目標を設定させるメリットデメリット

歯科衛生士は歯科医院において、歯の健康を守るため日々働いています。そして、歯科衛生士が目標を持って業務にあたることで、歯科医院はより良いものとなっていきます。そこでこの記事では、歯科衛生士の目標の例に ...

歯科衛生士の新人教育チェックリスト|効果的に使うポイントも解説

【2024年最新】歯科で使える人材確保の助成金を徹底解説