成人年齢18歳でどう変わる?歯科医院の採用や労務管理への影響は?

2022.04.05

こんにちは、土屋です。
今回のテーマは、以下の通りです。

成人年齢18歳でどう変わる?歯科業界の採用や労務管理への影響は?

改正民法により、2022年4月から成人となる年齢が18歳に引き下げられました。
これによって歯科医院の採用や労務管理に影響はあるのでしょうか?

結論:ほとんどの歯科医院には影響ありません

影響があるのは未成年に「保護者の同意」を求める場合のみ

今回の改正での労務管理上のポイントは1点のみです。

民法5条の「未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。」という部分について、18歳、19歳の方には適用されなくなります。

歯科医院にはどのような影響があるのでしょうか?

まず歯科医院における有資格者(歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士)は資格を保持している時点で必ず成人であるため影響ありません。

影響があるのは、18歳、19歳のスタッフ(歯科助手・受付等)について、親権者等の同意を雇用契約時に取り付けていた場合のみです。

〇未成年であっても労働契約には本人の合意が必要、ただし親権者若しくは後見人又は行政官庁は、労働契約が未成年者に不利であると認める場合においては、将来に向つてこれを解除することができる。(58条)
〇賃金は未成年に直接支払う(59条)※これは、18歳、19歳であっても変わりがありません。
〇労働基準法においても未成年が18歳未満になり、年少者と同じ定義となります。

法務省:成年年齢の引下げに伴う年齢要件の変更について

厚生労働省:各種法令による児童等の年齢区分(法改正前)

18歳、19歳の労働者の雇い入れ時、「保護者の同意不要」とするかは考え方次第

一般企業の中には、本改正によって、18歳以上20歳未満について保護者の同意を求めないこととする動きが出ています。

一方で、改正民法の施行に関わらず、引き続き20歳未満の労働者には保護者の同意を求めるとする企業もあるようです。

法律によって成人年齢が引き下げられたとしても、18、19歳であれば多くがまだ学生で保護者の支援によって生活しているなど、成人扱いをすることが妥当とは言い難いという判断のようです。

貴院では、どのような方針を打ち出すのでしょうか?

学生を雇う場合は、学業との両立への配慮を

歯科医院では、大学や専門学校に通う学生が、歯科助手・受付として働くケースが多くあります。

労基法には、18歳以上20歳未満を対象とする保護規定は設けられていませんので、原則は労働基準法に則り、成人労働者と同様に扱うこととなります。

ただし、学生アルバイトに対する学業との両立への配慮は必要です。シフト決定の際には、学校の試験や実習日程、本人の希望を考慮するようにしましょう。

参考:厚生労働省「高校生等のアルバイトの労働条件の確保について要請しました

学生にも「労働契約を締結する当事者であること」への自覚を促す

今回の改正民法によって、上記で挙げた「保護者の同意」に関しては医院における検討事項となりますが、同意の要・不要に関わらず、労働者本人に「労働契約を締結すること」への自覚を持たせられるような工夫は必要です。

労働契約の内容や職場のルール等について本人に対して丁寧に説明する、定期的に面談する等、労使が対等に話し合える体制を作る等、他スタッフと同等に接することで、労働者自身が「学生アルバイトだから」と甘えることなく、自覚と責任をもって仕事に取り組めるようになるはずです。

そして、「学校を卒業しても引き続きこの医院で働きたい!」と思ってくれるはずです。

まとめ

  • 成人年齢18歳による歯科医院への影響はほとんどない
  • 影響があるのは未成年に「保護者の同意」を求める場合のみ
  • 18歳、19歳の労働者の雇い入れ時、「保護者の同意不要」とするかは考え方次第
  • 学生を雇う場合は、学業との両立への配慮をする
  • 学生にも「労働契約を締結する当事者であること」への自覚を促すようにする

その他、スタッフの採用や労務管理でお困りの歯科院長向けに無料の相談窓口を用意しています。採用するまで完全無料でスタッフ採用や労務相談を丸投げいただけます。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

お役立ち情報助手/受付歯科衛生士
働き方改革労務管理就業規則歯科助手・受付採用歯科衛生士採用法改定

デンタルワーカーの紹介手数料はいくら?歯科衛生士の採用を成功させる方法

近年、歯科業界では人手不足が深刻化してきており、歯科衛生士を募集している歯科医院は多くあります。そのため、デンタルワーカーを利用して歯科衛生士を雇いたいと考える方は少なくないのではないでしょうか。 し ...

歯科衛生士の採用は難しい?誰も教えてくれない歯科衛生士の採用方法

歯科衛生士の採用は難しい。そう思っていませんか?基本さえ理解してしまえば難しくはありません。 この記事では歯科衛生士採用の全体像と基本的なフレームについて解説しています。 歯科衛生士の採用でお悩みの歯科医院必見です。

歯科衛生士採用におすすめの求人サイト6選

歯科衛生士を採用しようと考えていても、どのサービスを使えばいいかお悩みの医院さまは多いのではないでしょうか。 歯科衛生士が登録する転職サイトには数多くの種類があります。 この記事では、歯科衛生士の採用 ...

フリーランスの歯科衛生士とは?採用するメリットや給与事情を紹介

近年、歯科業界ではフリーランスの歯科衛生士への需要が顕著に高まっています。 しかし、独立して働く彼らが実際にどのような業務を行っているのか、また歯科医院にどのようなメリットをもたらすのかは、一般にはあ ...

【採用担当者向け】ジョブメドレーへの求人掲載方法や費用についてご紹介

圧倒的な売り手市場である歯科衛生士は、採用が難しいことでも有名です。 採用活動がうまくいかなかったり、採用してもすぐに辞めてしまったりとお悩みの医院も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいの ...

歯科クリニックの人件費率はどれくらい?給与の平均や設定方法を解説

歯科クリニックの経営で重要なのが人件費です。安定した経営状態を維持することと人件費率には、どのような関連性があるのでしょうか。 本記事では、歯科クリニックの人件費について、比率(人件費率)の出し方や費 ...

【医院向け】歯科衛生士採用で完璧を目指すと、始める前に失敗する件

歯科助手が採用できない理由【結論:歯科業界しか見えてないから】