デンタルワーカーの成功報酬額はいくら?採用成功までの費用を下げる方法

2023.08.23
歯科衛生士のイメージ

歯科医院にとって、優れたスタッフを採用することは重要なプロセスです。しかし、採用に伴う費用やリソースは、経営に関わる重要な課題でもあります。中には、転職サイトに求人を登録するという方法を選ぶ経営者の方もいるでしょう。

この記事では、転職サイト「デンタルワーカー」の成功報酬額について詳しく解説いたします。あわせて、より良い人材を採用するために抑えるべきポイントや、新規スタッフの採用にかかるコストを効果的に下げる方法などもご紹介します。

デンタルワーカーとは?

デンタルワーカーは、株式会社トライトキャリアが運営している転職サイトです。 

歯科衛生士、看護師、栄養士など専門職の求人情報に特化した人材サービスを提供しており、

  • 全国エリア対応
  • 豊富な非公開求人
  • 勤務先の口コミ情報が聞ける

といった特徴があります。

歯科衛生士の転職業界における大手サイトということもあり、年間転職成功者数は30,000人と多くの方に利用されています。また、転職支援から入職後のサポートまで、幅広く対応しています。

同じく歯科衛生士の人材紹介サービスを展開している「ファーストナビ」については、ファーストナビの成功報酬はいくら?歯科衛生士採用の費用が高くなる理由の記事にて紹介していますので、ご興味がある方はあわせてご覧ください。

デンタルワーカーは成功報酬制

デンタルワーカーでは、成功報酬制を取り入れています。成功報酬制とは、特定の成果や目標の達成に基づいて支払われる報酬の仕組みのことです。つまり、デンタルワーカーを利用してスタッフを採用した際に初めて費用が発生するという形になります。

転職サイトの料金システムは、大まかに「成功報酬型」と「掲載料金型」の2パターンがあります。掲載料金型と比較して、実際に優秀な人材と出会えるまではコストがかからない点が成功報酬型のメリットです。ただし、個々の契約や条件によって報酬額が異なるため注意が必要です

デンタルワーカーの報酬額は、次の項にて紹介します。

デンタルワーカーの成功報酬額

デンタルワーカーの成功報酬額は、理論年収の35%です

理論年収とは、医院に1年間勤めることで得られる年収を指しており、月収や賞与、手当などに基づいて計算します。 スタッフごとに支給額が変わる通勤手当は理論年収の算出に用いられません。

また、デンタルワーカーの紹介手数料については、デンタルワーカーの紹介手数料はいくら?歯科衛生士の採用を成功させる方法の記事にて紹介していますので、この機会にあわせてご覧ください。

デンタルワーカーを利用する際によくある質問

デンタルワーカーの利用にあたって、よくある質問は以下の通りです。

  • ​​デンタルワーカーに問い合わせる方法は?
  • デンタルワーカーは歯科医師も採用できる?
  • デンタルワーカーを退会する方法は?

一つずつ回答していきます。

デンタルワーカーに問い合わせる方法は?

デンタルワーカーに問い合わせる方法として、

  • 公式サイトの問い合わせフォームから問い合わせる
  • メールで問い合わせる
  • 電話で直接問い合わせる

などが挙げられます。

求人依頼から資料請求まで、幅広い問い合わせ内容を承っています。

デンタルワーカーは歯科医師も採用できる?

採用できます。

デンタルワーカーは歯科衛生士に特化したサイトですが、歯科医師の採用も可能です。

デンタルワーカーを退会する方法は?

 デンタルワーカーを退会するには、以下の3つの方法があります。

  1. 公式サイトのお問い合わせフォームから退会申請を送る
  2. 苦情相談窓口から退会申請を送る
  3. 専用ダイヤルから電話で退会する

歯科衛生士の採用単価はいくらが平均?

成功報酬額の算出にも関わるため、歯科衛生士の採用単価を詳しく見ていきましょう。

歯科衛生士の採用単価は、地域や市場の状況、施設の規模、求人市場の競争状況などによって異なるため、一概に平均的な金額を示すことは難しいです。そのため、一般的な参考情報として、

  • 社員を採用する際の相場
  • パート・アルバイトを採用する際の相場

2つのパターンで採用単価を紹介いたします。

スタッフを採用する際の相場

歯科衛生士の社員としての平均的な年収は、約350万円から600万円程度とされています

デンタルワーカーなどの人材紹介会社を経由して歯科衛生士の採用を行う際における成功報酬の相場は年収の20%程度となっています。

そのため、採用した歯科衛生士に支払う給料が月給24〜26万円程度の場合、歯科衛生士を1名採用するためにかかる採用単価はおよそ70万円~80万円程度と算出されます。その他、歯科衛生士に対する社員教育のコストも含めると、1名採用するために100万円近くの採用単価がかかる計算です。

パート・アルバイトを採用する際の相場

パートタイムやアルバイトとして雇用する歯科衛生士の採用単価は、時給ベースで考えられます。おおよそ1,500円から3,000円程度の範囲が一般的とされていますが、地域や経験によって変動します。

採用単価は年収によって算出され、時給は地域ごとの最低賃金から決まることを踏まえると、採用単価も地域やシフトの数といった条件に大きく左右される形になります。

歯科衛生士採用成功までの費用が高くなる理由

歯科衛生士の採用を成功させるには、費用が高くなりがちという側面があります。このことに頭を悩ませる経営者の方も多いのではないでしょうか。

これには、「有効求人倍率が高い」「優秀な人材の取り合いになっている」という2つの要因が影響している可能性があります。

それぞれの要因について、詳しく解説いたします。

有効求人倍率が高いから

有効求人倍率とは、求人募集数と求職者数の比率を示す指標です。業界ごとの、各地域の求人市場の競争状況を表します。

2019年度に専門学校を卒業した歯科衛生士の数は6,298人ですが、歯科衛生士の求人自体は約13万人分となっており、倍率で算出すると約20倍という非常に高い数値になります。

歯科衛生士の求人市場において有効求人倍率が高くなると、採用する側の競争が激しくなるだけではなく求人に対する応募者数が少なくなることもあります。

日本歯科医師会が行った調査(歯科医師・歯科医療機関の数)によると、1996年度に59,357ヶ所であった歯科医院の数は、2016年度には68,940ヶ所にまで増えています。歯科医院自体の増加によって歯科衛生士の需要が増えていくため、相対的に人手不足となってしまうのです。

参考:全国歯科衛生士教育協議会_歯科衛生士教育に関する現状調査の結果報告

優秀な人材の取り合いになっているから

歯科衛生士になるためには、

  1. 専門学校に3年以上通う
  2. 実習を受ける
  3. 国家試験に合格する

という3つの必須条件があります。

専門的なスキルや知識を持つ重要な職種であり、需要が高いため、優秀な人材の取り合いが起きます。他の医療施設や歯科クリニックと競合して希少な歯科衛生士を確保しようとするため、結果として採用活動に関連する広告、面接、評価、トレーニングなどの費用が増加してしまう傾向にあるのです。

歯科衛生士の採用を成功させる方法

このように、倍率が高くコストがかかりがちな歯科衛生士の採用ですが、成功させるにはいくつかのポイントがあります。

  • 自医院の内部環境を整備する
  • リファラル採用を検討する
  • 求人票を充実させる
  • 採用代行を利用する

これらのポイントを押さえて、より効果的な採用を行っていきましょう。

一つずつ、詳しく解説していきます。

自医院の就労環境を整備する

歯科衛生士が職場を決める際に比較する内容の一つとして、内部環境の充実度があります。

内部環境を整備することは、優秀な歯科衛生士に「ここで働きたい」と思ってもらうために重要なポイントです。職場文化や労働条件を向上させ、スタッフの満足度を高める取り組みを行いましょう。

具体的には、福利厚生の整備を実施したり、ブランクがある人材を採用できるように研修制度を充実させるといった方法が挙げられます。

また、スタッフが快適に仕事を行えるよう、清潔で整頓されたクリニック内を維持することも大切です。常に第三者の視点からクリニック内をチェックし、誰もが働きたいと感じるような職場作りを推進しましょう。

リファラル採用を検討する

既存のスタッフや関係者からの紹介を通じて採用する「リファラル採用」は、信頼性の高い候補者を見つけるために効果的な方法です。自医院で雇用しているスタッフの専門学校時代の友人などを紹介してもらうことで、スムーズな採用が行えます。

リファラル採用を行う際には、紹介したスタッフに報酬やインセンティブを提供することも検討しましょう。インセンティブを用意することで、スタッフからより優秀な人材を推薦してもらえる効果が期待できます。

求人票を充実させる

求人票は、クリニックや医院の印象を形成する重要な情報源です。

求職者にとって魅力的な情報を提供することで、優秀な歯科衛生士の興味を引きつけ、採用成功につなげることができます。充実した情報を提供し、職務内容や給与、福利厚生、勤務条件などを詳細に記載しましょう。

アピールポイントや特徴を強調し、魅力的な求人票を作成することで、求職者の興味を引くことができます。

採用代行を利用する

優柔な人材を効率的に採用する方法の一つとして、「採用代行を利用する」という選択肢もあります。採用代行とは、採用にかかるプロセスをまとめて専門の会社に委託することができるサービスです。採用のプロフェッショナルが候補者のスクリーニングや選考を行い、優秀な歯科衛生士を見つける手助けをしてくれます。

採用代行の中には、歯科衛生士の採用に特化したサービスもあります。

歯科衛生士の採用ならデンタルHR総研へ

  

デンタルHR総研は「歯科医院向け採用代行サービス」を提供しています。2022年5月18日のサービスリリースから約1年で契約医院数100医院、求人応募数2,000人、求人採用数200人を突破しました。

転職サイトなどの媒体を使った一般的な採用手法を代行し、原稿作成や求人媒体の運用、スカウトメール、応募者対応などを医院に代わって(あるいは一緒に)行います。人材紹介は「待ち」の採用になりがちですが、デンタルHR総研なら「攻め」の採用を実現できます。また、料金も人材紹介よりリーズナブルな設定となっています。

以下から、デンタルHR総研ならではの強みをご紹介します。

効果的な求人票を作ってもらえる

デンタルHR総研なら、採用のノウハウを活かした求人票(求人広告や募集要項)が作成できます。デンタルHR総研のような専門組織に求人票の作成を依頼することで、効果的な採用広告を作成し、優秀な歯科衛生士を採用する確率を高めることができるでしょう。以下にメリットをまとめました。

  1. 専門知識の活用:

デンタルHR総研は歯科業界に特化した専門知識を持っており、求人票を適切な業界用語や要素で充実させることができます。

  1. プロによるデザイン: 

魅力的なデザインやレイアウトの求人票は、求職者に好印象を与える要素です。デンタルHR総研はプロのデザイナーと連携しているため、視覚的に訴求力のある求人票が作成できます。

  1. ニーズに合わせたカスタマイズ: 

デンタルHR総研は、クリニックや医院の特性、求人の要件に合わせて求人票をカスタマイズすることが可能です。他の医院との差別化を図り、正確な情報を伝えることができます。

明瞭な料金プランを利用できる

デンタルHR総研のサービスは、採用成功時に業務委託費が発生する「完全成功報酬型」のプランをはじめ、ニーズに合わせて選べる3つのプランを用意することで、さまざまな歯科医院の要望にお応えできます。

それぞれのプランでは採用活動にかかる費用やサービス内容が明確に提示されているので、自医院にとって適切なプランを選択しやすくなります。

採用のすべてを丸投げできる

デンタルHR総研では、歯科業界の豊富な専門知識を保有するスタッフが採用代行を担当します。歯科医院ならではの採用課題を的確に把握し、それに基づいた採用計画の立案から入職までのプロセスを安心してお任せすることができます。

採用に関わる手間を全てデンタルHR総研に委託することで、経営や業務にリソースを集中させることができるでしょう。

デンタルHR総研のサービス内容

まとめ

転職サイト「デンタルワーカー」の成功報酬制度を中心に、歯科衛生士の採用について詳しく解説いたしました。成功報酬制は、優秀な人材を採用するまで費用がかからないというメリットがありますが、近年の歯科医院の増加によって歯科衛生士の採用自体が困難となっています。求職者から選ばれる歯科医院になるには、就労環境を見直したり、求人票を充実させるといったポイントを押さえる必要があります。

採用プロセスそのものを見直したい、より効率的に歯科衛生士の採用を行いたいとお考えの方は、採用代行サービスの利用も検討してみましょう。歯科衛生士の採用に関するお悩みは、デンタルHR総研にご相談ください。デンタルHR総研は高い専門性と充実したサポートを通じて、歯科施設の院長や採用担当者の採用活動を支援いたします。

デンタルHR総研への問い合わせはこちら

お役立ち情報歯科衛生士特集&ピックアップ
デンタルワーカー人材紹介採用戦略採用費歯科衛生士採用

歯科衛生士の平均給与は?適した給料設定で採用につなげよう

歯科医院にはかかせない存在である歯科衛生士。 しかし、歯科衛生士の求人倍率は非常に高いのに加え、8割が転職経験があるという離職率の高い職業ということもあり、歯科医院では人手不足に悩みがちです。 歯科衛 ...

歯科衛生士が不足している理由や定着率を上げるポイントを解説

歯科医療の現場で、歯科衛生士の確保が大きな課題となっています。現在の歯科衛生士不足が、単なる人員不足ではなく、医療の質や患者満足度を低下させる深刻な問題であることを認識する必要があります。歯科医院とし ...

グッピーで求人掲載するメリットを採用担当者向けに解説

医療系の求人は悩みの種です。ただでさえ人手不足のうえ、専門性の高い職種なので妥協も許されません。通常業務だけでも神経を使うのに、採用作業も加わると負担は増していくばかりです。 本記事では、そんな採用担 ...

【歯科医院向け】ジョブメドレーの評判は?口コミや利用方法を徹底解説

医療分野は人材不足であることが多いですが、中でも歯科衛生士の人材不足は非常に深刻です。歯科衛生士は女性の割合が多く、ライフスタイルの変化で長期的に仕事を続けるのが難しいため、定着率が悪いともいわれてい ...

【採用担当者向け】ジョブメドレーでよくあるトラブルとは?口コミから真相を調査!

歯科衛生士の採用に非常に有効な求人サイト「ジョブメドレー」。 ジョブメドレーでは介護や医療関係の求人を中心に取り扱っており、優秀な人材を採用できると人気の高い求人サイトです。 そんなジョブメドレーです ...

【2023年版】歯科衛生士が採用できない1番の理由【給料・給与の話】

歯科衛生士の採用ができない理由はなんだと思いますか? この記事では「歯科衛生士が採用できない1番の理由」と「採用するための対策」について解説しています。 歯科衛生士の求人でお悩みの歯科医院必見です。

歯科衛生士の目標例とは?目標を設定させるメリットデメリット

デンタルワーカーの紹介手数料はいくら?歯科衛生士の採用を成功させる方法