グッピーで歯科衛生士の求人を出すメリットを医院向けに解説

2023.10.16

「歯科衛生士の求人を出しているのに、応募が全く来ない」こんなお悩みを抱えた歯科クリニックの院長先生は、実はとても増えています。

近年は歯科衛生士の需要が高く、高いお金を出して求人サイトに記事を載せても、なかなか採用がうまくいかないことが多いです。

歯科衛生士の採用は、医療に特化した専門の求人サイトを利用すると効率よく採用へつなげることができるので、活用していきましょう。

今回は歯科衛生士の採用がしやすい求人サイト「グッピー」についてご紹介します。

グッピーは歯科求人に特化した求人サイト

歯科衛生士の求人を掲載したいと思ったら、歯科求人に特化した求人サイト「グッピー」の利用をおすすめします。

グッピーは2000年に日本で初めて登場した医療・介護・福祉専門の転職サイト。歯科医師・歯科衛生士が選ぶ「転職で使いたい」「信頼できる」と思う歯科求人サイトではNo.1を獲得するほど求職者に人気があり(2022年11月時点 株式会社ドゥ・ハウス調査)、利用法人数も現在3万を超えるなど、医院と人材の橋渡しとしての信頼できる実績があります。

グッピーの歯科衛生士求人数は10,000件以上!

一般的な求人サイトでは、「接客・製造・販売」などと並んで「医療・介護」のジャンルを設けているため、求人数はどうしても限られてしまいます。

医療業界に特化したグッピーならば、歯科衛生士の求人数だけでもなんと10,864件(2023年10月現在)。求人情報数が非常に多いので、目的にあった利用者も多いことが強みです。他の医院に負けない就業条件などをアピールしやすく、ご自身のクリニックにぴったりの求職者と出会いやすいでしょう。

グッピーで歯科衛生士求人を出すメリットとは

一般的な求人サイトでは、医療求人の扱いがそこまでメインになることはなく、医院のよさや希望を伝えきれないこともあるでしょう。

グッピーは医療・介護業界に特化している求人サイトなので、歯科衛生士をお探しの方にはとても使いやすい機能が充実しています。

ここからは、グッピーで歯科衛生士求人を出すメリットについて見ていきましょう。

  • 利用者数が多い
  • 「閲覧課金型」で採用にかかる費用を抑えられる
  • スカウト機能でスピーディな採用ができる

「人材不足なので急いで採用したい」と希望している医院さまにも役立つ機能も揃っているので、ぜひ参考にしてください。

グッピーで求人掲載するメリットや評判については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ご利用を検討中の方はぜひご覧ください。

グッピーで求人掲載するメリットを採用担当者向けに解説

グッピーの評判は?求人を出すなら知っておきたい利用者側の口コミ

利用者数が多い

引用:グッピー

グッピーは特化求人サイトなので、医療業界を目指している利用者が非常に多いということが、やはり大きな強みといえます。

Google Analysticsのデータによると、2021〜2022年にグッピーの求人サイトを見た人は約500万人以上、閲覧された情報は5,500万ページともいわれています。

医療資格者は年間で約6万人が会員登録をしており、医療業界でニーズが高いこともおわかりいただけると思います。

求人情報が多くなればもちろん利用者が増えるので、歯科業界の方には使いやすいサイトといえるでしょう。

「閲覧課金型」で採用にかかる費用を抑えられる

一般的な求人サイトでは掲載料などの初期費用が発生するため、「採用まで至らなかったのに費用だけがかかり続ける」という問題も起こりがちです。

しかし、グッピーは「閲覧課金型」となっており、求職者が求人情報を1回見るごとに120円支払うというしくみとなっています。

最初にプリペイドでポイントを購入し、ポイントがなくなるまで求人を掲載することが可能です。採用にかかる費用は自分の意志で抑えられ、想定外な料金がかかることはありません。

スカウト機能でスピーディな採用ができる

歯科衛生士の人材不足は切実であり、求人情報を掲載してもただ応募を待つだけでは採用が決まらないこともあるでしょう。

そこで利用したいのが、グッピーの「スカウト機能」です。スカウト機能を活用すれば、希望に合う人材をスピーディに採用することができるでしょう。

スカウト機能は、医院側から登録している求職者へ、ダイレクトにメッセージを送信できるしくみになっています。

1回のスカウトには1,000ポイントが必要ですが、求職者の目に留まりやすいので、医院の条件にあった方を積極的に探したい場合や、今すぐに人材を見つけたい場合に向いています。

歯科衛生士の採用はなぜ難しいのか

歯科衛生士は患者さんに感謝される場面も多く、やりがいのあるお仕事といわれています。しかし、近年は予防医療や口腔外科がさかんなことや、介護施設・訪問介護など活躍の場が増えたことから、歯科衛生士業界は常に人手不足で採用は非常に難しい状況です。

歯科衛生士の採用が難しい理由は以下のような点が挙げられます。

  • 歯科衛生士の求人倍率は20倍以上
  • 求人内容に差を出しにくい
  • 採用決定までにかかる費用が高い

これらの理由について詳しく見ていきましょう。

歯科衛生士の求人倍率は20倍以上

まず知っておきたいのは、歯科衛生士の求人倍率です。歯科衛生士学校・養成校卒業生に対する2020年の求人倍率は、なんと20.7倍ともいわれています。つまり、一人に対して20の病院が入社を希望しているということです。

歯科医院での予防ケアや患者担当制の普及などによって、歯科医院の数はとても増えました。医院が増えたため歯科衛生士の需要も高まって求人倍率も上がり、これは2016年から20倍以上になったまま下がっていません。

倍率が高いので医院側からの求人情報は非常に多く、他の医院との差別化をはかるために魅力的な求人を載せたりして求職者の目にとまるよう工夫しなければいけません。求人方法は求人サイトの他にもさまざまな方法もあるため、自身に合った求人方法を模索することも大切です。

求人内容に差を出しにくい

求人サイトは多くの方が利用するため、採用活動をするためには求人サイトの利用は不可欠です。しかし、求人サイトへの掲載で採用が難しいのは、歯科衛生士というお仕事が求人内容に差を出しにくいという点があります。

歯科衛生士のお仕事は、どこの医院でもだいたい作業内容は決まっているでしょう。歯科衛生士自体はやりがいのあるお仕事ではあるものの、他院と比較しても似たり寄ったりの求人になってしまい、採用へつながらないということが考えられます。

「この歯科医院は特に魅力的」という条件を打ち出すことが、採用へつながるポイントといえるでしょう。

採用決定までにかかる費用が高い

近年は求人倍率が20倍ということもあって、単純に情報を掲載するだけの求人サイトではなかなか応募がありません。したがって、費用がかかりすぎて採用に至らないというケースもあるでしょう。

一般的な求人サイトの掲載料は2週間で16万円といわれています。応募がないのに掲載だけを続ければ1ヵ月掲載しただけで32万円、3ヵ月掲載すれば約96万円です。それでも採用できなければ、他の医院よりも強くアピールするために高額な掲載料を支払うなどさらに出費はかさんでしまい、費用が続かなくなってしまいます。

このようなことから、歯科衛生士の採用は難しいといわれているのです。

歯科衛生士採用を成功させるならデンタルHR総研

歯科衛生士の採用は、「グッピー」などの費用効率のいい医療専門求人サイトの利用がおすすめです。

しかし、歯科医院長のお仕事は診療ですから、求人の広告作成や対応が得意でない方も多いと思います。グッピーなどの求人サイトを使ってもなかなか採用につながらないとお悩みの方は、採用代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

デンタルHR総研では、採用に関わる業務を一手に引き受けて、優秀な人材の採用をお手伝いいたします。

  • 明瞭な3つの料金プランでお得に利用できる
  • 効果的な求人票を作成してもらえる
  • 採用の行程を丸投げできる
  • アフターフォローも完備

ここからは、デンタルHR総研の特徴をご紹介します。ご利用を検討されている方は、ぜひご覧ください。

明瞭な3つの料金プランでお得に利用できる

  ベーシックプラン プレミアムプラン VIPプラン
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 0円 5万円 8万円
成功報酬(採用一人あたり) 歯科衛生士:55万円歯科助手・受付:30万円歯科医師:80万円
※すべて常勤の金額(非常勤は半額)
歯科衛生士:25万円歯科助手・受付:15万円歯科医師:40万円
※すべて常勤の金額(非常勤は半額)
0円
早期退職返金 成功報酬全額返金 成功報酬全額返金 -
無料オプション - - 人事(採用・労務)顧問

歯科衛生士の求人では「採用できないのに費用がかかる。」ということが大きな問題です。デンタルHR総研では、無駄な費用は一切なく採用へ導きます。

プランは3つご用意しており、料金プランは明瞭で安心です。

「ベーシックプラン」は完全成功報酬型で月額は不要。初期費用はすべてのプランにおいて一切かからないので、費用を抑えたい方にも安心です。

月額費用・維持費0円の完全成功報酬型のプランは業界初。医院の状況に合わせて、無理のないものを選べるでしょう。

効果的な求人票を作成してもらえる

求人サイトに長期間掲載しても応募がないのは、求人記事のアピール方法が原因かもしれません。応募の来ない求人記事は、トレンドを無視している、クリニックの魅力が伝わっていない、ツールを使いこなせていないなどの理由があります。

歯科医師の方は本来、歯の治療のプロなので、求人広告の作成が苦手であっても無理はありません。

人事・採用経験22年、歯科衛生士採用850名以上の実績を持つ歯科専門リクルーターが、これまで培ったノウハウを活かして魅力的・効果的な求人票を作成するので、安心してお任せください。

採用の行程を丸投げできる

一般的な採用では、求人票の作成から応募者の対応まで、すべてを歯科医師が行うことが多いです。しかし、個人クリニックの医師などであれば本業も忙しく、採用ばかりに時間を割いてはいられないでしょう。

デンタルHR総研は歯科医院の人事担当者と連携して課題を克服しつつ、医院さまに代わって採用戦略を立ててサポートいたします。

求人原稿の作成・掲載、スカウトメールの送信に加え、応募があれば応募者との連絡から面接・見学の調整、条件交渉などまで採用のほとんどの工程を丸投げできます。

採用に関わる面倒な業務はデンタルHR総研がすべて代行するので、医師は本業に専念しつつ面接をすればいいだけです。採用にかかる負担は大きく減少するでしょう。

アフターフォローも完備

こういった人材紹介業者で問題となるのが、「お金を払って採用したのに、すぐに辞めてしまった。」という早期退職トラブルです。

デンタルHR総研ではアフターフォローもしっかり完備しているのでご安心ください。万が一採用した歯科衛生士がすぐに辞めてしまったら、「早期退職全額返金サービス」で支払った金額を全額保証いたします。

歯科医師側にはリスクがなく、安心して利用しやすいでしょう。

採用活動にお悩みの方は、ぜひ「デンタルHR総研」までお問い合わせください。

グッピーを利用する際によくある質問

グッピーで採用を依頼しようと思っても、あまり求人サイトを利用したことのない方であれば、さまざまな疑問が浮かぶと思います。

最後に、グッピーの利用でよくある質問をまとめました。募集の幅が広がるポイントをご紹介するので、参考にしてうまく活用してください。

歯科衛生士以外も募集できる?

歯科医院で必要なのは歯科衛生士だけではありません。医療に関わる他のスタッフを採用したいと思ったときにも、グッピーは活用できます。

グッピーでは医療・介護・福祉に関する57の業種に対応しています。歯科衛生士だけでなく歯科技工士・歯科助手・管理栄養士から受付・事務・歯科医師に至るまで、歯科医院の全職種を募集できるので、一度登録すればさまざまなタイミングで活用できるでしょう。

利用料金はいつ支払えばいい?

グッピーでは1クリックごとに120ポイント、スカウトメールで1,000ポイントなど、ポイントを使って求人を運用するシステムです。

ポイントはインターネットのサイト上で購入します。PCやスマートフォンから申込ページへ進み情報を登録、審査が終わると「作用担当者専用ページ」が使えるようになります。メールに送られたIDとパスワードを使ってページにログインしたら、最初にポイントを購入しましょう。ポイント料金の支払いにはクレジットカード、または銀行振り込みが使えます。

歯科衛生士の採用単価はいくら?

採用単価とは、一人の歯科衛生士を採用するためにかかった費用のことをいいます。

例えば、4社に求人を出した費用合計が200万円で、そのうち採用したのが2人であれば、採用単価は100万円ということになります。

全業界でいうと、採用単価は新卒でも中途でも約100万円前後、歯科衛生士の採用単価はおおよそ60万円ほどといわれています。医療業界全体では53万円ほどなので、倍率の高い歯科衛生士は、医療業界の中ではやや高めといえるでしょう。

短期のお仕事も募集できる?

歯科衛生士のお仕事は基本的に長期を前提としていますが、後任の方が来るまでのお手伝いなど、状況によっては短期でスタッフを採用したいタイミングもあると思います。

グッピーでは雇用形態の欄に「短期のお仕事」という項目があるので、期間を区切って気軽に採用したい方のニーズにも対応できます。

短期募集は時給をアップしていることも多く、求人数自体が少なくなるので、目に留まりやすくなるでしょう。「スキマ時間でのアルバイトOK」などと掲載して、応募しやすくしている医院もあります。

歯科衛生士の平均給料は?

お給料の金額設定も悩ましいポイントだと思います。

「GUPPY(株式会社グッピーズ)」の調査では、歯科衛生士の平均年収は356万1,100円ほど、月給にすると23〜27万円(各種手当込み)といわれています。

賞与・ボーナスは42〜65万円、パート・アルバイトの時給は1,500〜2,000円ほどです。景気などにはあまり左右されることがなく、組織が大きくなるほど高額になるでしょう。

年齢によっても、45歳〜の世代が最も高給になるなどの違いがあります。

参考:GUPPY「教えてグッピー|歯科衛生士の給料」

まとめ

今回は、グッピーで歯科衛生士の求人を出すメリットやグッピーの特徴などをご紹介しました。歯科衛生士の求人倍率は非常に高く、採用はなかなか難しくなっていますが、効率よく採用へ導く便利なシステムも充実しているということがわかったと思います。

歯科衛生士の採用では、費用がかかることが大きな問題です。今回ご紹介したグッピーなどの費用を抑えた医療特化求人サイトを利用すれば、無理なくスピーディに採用へとつなげることができるでしょう。求人に手を回しきれないと感じるときは、採用にかかる業務を丸投げできる採用代行も検討して、長いお付きあいのできる歯科衛生士の方と出会ってください。

お役立ち情報歯科衛生士職種別情報
グッピー中途採用初めての採用採用代行・アウトソーシング採用戦略新卒採用歯科助手・受付採用歯科衛生士採用求人媒体・求人サイト

フリーランスの歯科衛生士とは?採用するメリットや給与事情を紹介

近年、歯科業界ではフリーランスの歯科衛生士への需要が顕著に高まっています。 しかし、独立して働く彼らが実際にどのような業務を行っているのか、また歯科医院にどのようなメリットをもたらすのかは、一般にはあ ...

歯科衛生士の採用は難しい?誰も教えてくれない歯科衛生士の採用方法

歯科衛生士の採用は難しい。そう思っていませんか?基本さえ理解してしまえば難しくはありません。 この記事では歯科衛生士採用の全体像と基本的なフレームについて解説しています。 歯科衛生士の採用でお悩みの歯科医院必見です。

【歯科医院向け】歯科衛生士が感じるメリット・デメリットを解説

歯科医院にとって優秀な歯科衛生士の採用は、患者に提供するサービスの質を大きく左右します。良質な人材が加わることで、患者様への高水準なケアを実現し、医院の評判を向上させることが可能です。しかし、採用に失 ...

【例文付き!】歯科衛生士へのスカウトメール書き方ガイド|応募率UPのコツや、送るべき時間帯も解説!

グッピーやジョブメドレーの「スカウトメール」、うまく活用できていますか?上手に使えば非常に有効な手法ですが、何も知らずにただ闇雲に使ってしまうと効果がないだけなく、逆に印象を悪くしてしまう恐れもあります。 この記事ではスカウトメールの効果的な送り方、応募率UPのコツや、送るべき時間帯も例文付きで解説しています。 スカウトメールを初めて使う方、今よりもっとスカウトメールを有効活用したい歯科医院様は必見です。

歯科衛生士の新卒採用を成功させるには?効果的な求人のコツ

ディスクリプション 歯科衛生士の新卒採用は難しい現状があります。この記事では、新卒採用のメリット・デメリットをご紹介します。自院が新卒採用向きなのかどうかを踏まえ、採用活動成功のための戦略を練りましょ ...

【採用担当者向け】ジョブメドレーでよくあるトラブルとは?口コミから真相を調査!

歯科衛生士の採用に非常に有効な求人サイト「ジョブメドレー」。 ジョブメドレーでは介護や医療関係の求人を中心に取り扱っており、優秀な人材を採用できると人気の高い求人サイトです。 そんなジョブメドレーです ...

グッピー求人で歯科衛生士の採用を成功させよう

グッピーで歯科助手の求人・採用を成功させるには?