ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う流れや募集要件のコツ

2024.04.26

歯科医院経営者の皆さま、歯科衛生士の求人活動でお悩みではありませんか?医療従事者の確保は医療機関にとって最重要課題の1つです。しかし、求職者が求める条件と医院側の求める人材要件にギャップが生じることや応募者が集まらず苦労も多いのが実情です。そこで今回は、歯科衛生士の求人を効率的に行えるジョブメドレーの活用方法をご紹介します。ジョブメドレーは医療・介護の専門求人サイトとして全国で広く利用されており、プロの視点から最適な求人募集ができるよう設計されています。本記事では、ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う際の流れや求職者の心をつかむ募集要件のコツをお伝えします。求人活動の効率化とミスマッチの低減にお役立てください。

ジョブメドレーとは

引用:ジョブメドレー

ジョブメドレーは、医療介護業界で働きたい人のための求人情報サイトです。歯科医院はもちろん、病院などで働くスタッフの求人情報を無料で掲載できます。全国の求職者に向けて求人を発信でき、応募者と直接やり取りできるのが大きな特徴です。ジョブメドレーは利用者数が多いため、求職者の目に留まる機会も増えるでしょう。

 

ジョブメドレーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【採用担当者向け】ジョブメドレーの成功報酬はいくら?料金形態を徹底解説

ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う流れ

ジョブメドレーは複雑な設定や操作は不要です。直感的な画面で求人情報を掲載できます。豊富な求人テンプレートを活用すれば、訴求力の高い求人広告を簡単に作成できるでしょう。歯科衛生士の求人を行う流れは以下の通りです。

 

  1. 申込みフォームに必要事項を記入
  2. 運営事務局による申込み内容の確認審査
  3. 求人情報の登録・掲載
  4. 求人掲載完了・利用開始

 

求人情報はジョブメドレーが代行して入力する場合もあります。 以上が、ジョブメドレーでの歯科衛生士求人の基本的な流れです。以下で各項目を詳しく解説します。

 

ジョブメドレーの求人掲載方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【採用担当者向け】ジョブメドレーへの求人掲載方法や費用についてご紹介

1.申込みフォームに必要事項を記入

ジョブメドレーに求人広告を掲載するためには、まずWebサイト上の専用フォームに必要事項を入力する必要があります。主な入力項目は以下の通りです。

項目名

内容

法人名・貴社名

担当者氏名

運営事務局及び応募者との連絡先 

※掲載はされません

電話番号

応募が来た場合に、求職者に連絡先が開示

運営事務局及び応募者との連絡先 

※掲載はされません

メールアドレス

2.運営事務局による申込み内容の確認審査

求人掲載の申込みをすると、運営事務局で内容を確認します。 申込み内容に問題がなければ、最短即日で求人情報の登録へと進みます。 一方で、不備があれば修正をお願いし、適正な内容に変更していただく可能性もあります。

3.求人情報の登録・掲載

運営事務局による審査が完了したら、求人情報の登録・掲載作業に入ります。

まず、求人情報の具体的な内容を入力してください。 入力項目には以下のようなものがあります。

 

  • 職種名
  • アピールポイント
  • 本文
  • 仕事内容
  • 給与
  • 待遇(社会保険・福利厚生など) 
  • 勤務時間
  • 休日・休暇
  • 応募要件
  • 歓迎要件
  • 選考プロセス

 

入力する情報は、できる限り具体的に分かりやすく記載しましょう。求職者の方に魅力を感じてもらえるよう、アピールポイントをしっかりと盛り込んでください。ジョブメドレーではハローワークの求人票があれば、求人情報の登録代行も可能です。入力が完了したら最終確認を行い、求人情報の掲載手続きを完了します。

4.求人掲載完了・利用開始

ジョブメドレーの運営事務局で申込み内容を審査し、問題がなければ5〜15営業日ほどで求人情報が公開されます。掲載が完了すると、求職者の方から応募が入り始めます。求人情報をご自分で登録する場合とジョブメドレーに代行する場合で、掲載時期が異なるので事前に確認してください。

歯科衛生士の募集要項のコツ

優秀な歯科衛生士を確保するためには、魅力的な求人情報の発信が不可欠です。しかし、求人情報の作成は案外難しく、どのように記載すれば良いか悩むことも多いのではないでしょうか。採用活動は医院経営に大きな影響を与えます。そのため、歯科衛生士の立場に立って考え、求職者のニーズに合わせた募集要件の設定が重要です。求人票の内容次第で、応募数や人材の質が大きく変わってくるからです。

以下で歯科衛生士の求人掲載時に参考にできる募集要件のコツをご紹介します。ポイントを押さえることで、より多くの歯科衛生士に魅力的な求人を作成できるはずです。

 

歯科衛生士が魅力を感じる条件についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【歯科医院向け】歯科衛生士の就職先の選び方|魅力を感じる条件

労働条件や環境の魅力を伝える

求人を作成する際は単に給与や福利厚生の労働条件を羅列するだけでなく、休みの取りやすさ・有給取得率の高さなど環境の魅力を伝えることが重要です。現在の若者はお金よりも時間や休みを重視しています。特に、ワークライフバランスの良さは、応募者にとって大きな魅力です。求人情報では、ワークライフバランスの良さの具体的なアピールが有効でしょう。自院の魅力を魅力を具体的に示すことで、求職者に対して強く訴求できるでしょう。

女性の立場になって求人を作成する

歯科衛生士の求人広告を作成する際は、女性の視点に立つことが重要です。歯科衛生士は、9割が女性のため、家事や育児・介護などのワークライフバランスを重視しています。

具体的には、以下の点に留意しましょう。

 

  • 産休・育休制度の有無を明記する
  • 残業時間など勤務実態をきちんと開示する
  • ハラスメントのない安心できる職場環境であることをアピールする
  • 院内の男女比を明らかにし、女性が活躍しやすい雰囲気かどうかを伝える
  • 女性が働きやすい設備(更衣室の完備など)を備えているかを示す

 

女性の求職者の立場に立った募集要件を示すことで、より魅力的な求人広告となります。

求人情報をできる限り具体的に記載する

歯科衛生士の求人を掲載する際は、情報の具体的な記載が大切です。例えば、勤務時間や給与は以下のように具体的な数値を記載してください。

 

勤務時間

​​9:00〜18:30(実働8時間)

給与

月給23万円(経験考慮)

休日

週休2日制(日曜+他1日)・祝日・夏季休暇・年末年始休暇

福利厚生

社会保険完備・交通費全額支給・産休育休制度あり・昼食補助・職場内禁煙・駐車場あり

求人情報を具体的に記載すれば、応募者にとって働く環境がイメージしやすくなり、入職後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。求人情報の内容を充実させ、魅力的に伝えることが、優秀な歯科衛生士の確保につながります。

アピールポイントを分かりやすくまとめる

歯科衛生士の求人票作成時は、自院の魅力的な点を分かりやすくまとめることが重要です。

例えば、以下のような形式で箇条書きにすると一目でアピールポイントが伝わりやすくなります。

 

【アピールポイント】

  • 残業ほぼなし!時間外手当も全額支給
  • 年間休日120日以上!プライベートも充実
  • 最新のデジタル設備を完備
  • スタッフ同士の仲が良く、風通しの良い職場環境
  • 資格取得支援制度あり

 

以上のようにワークライフバランスが取れる点や最新の設備完備 ・働きやすい環境やキャリアアップを支援してくれる点など、求職者が気になる部分を箇条書きで簡潔に示すとアピール度が高まります。

求職者の知りたい情報を入れる

求職者が知りたいのは、休みの取りやすさや勤務時間の柔軟さ・医院の雰囲気などです。また、シフト制かどうか、具体的な勤務時間を明記しましょう。早番・遅番の有無や休憩時間なども記載します。また、希望休暇の取得率や残業が少ない・プライベートを大切にできるなど、ワークライフバランスを重視する情報を入れると魅力的です。

また、「患者さん目線の医療を心がける」「地域に根差した医療を提供」など医院の理念や目指す方向性を明示すると、求職者とのマッチング率が上がるでしょう。

客観的な数字や事実を入れる

求人情報に客観的な数字や事実を入れることで、より説得力のある求人広告になります。

例えば、以下のような情報が挙げられます。

 

  • 有給消化率
  • スタッフ数
  • 給与
  • 賞与
  • 残業時間
  • 休暇日数
  • 福利厚生(各種手当・社会保険の加入状況など)

 

客観的な数字や事実を盛り込むことで、求職者は医院の実態をより正確に把握できます。 また、数字を示すことで透明性が高まり、求職者の信頼も得やすくなるでしょう。

写真を充実させる

ジョブメドレーの求人情報は写真が掲載可能です。医院の内観や設備・スタッフの様子などを写真で紹介すると、より具体的なイメージを持ってもらえます。

例えば、以下のような写真を掲載すると良いでしょう。

 

  • 医院の外観・内観
  • 診療スペース
  • スタッフルーム
  • 勉強会の様子
  • レクリエーションの様子

 

写真から、自院の雰囲気や働く環境が伝わりやすくなります。特に女性の求職者は、医院の雰囲気を重視する傾向があるため、写真での情報発信は有効です。また、求人情報に写真が掲載されていると、より親しみやすく印象に残りやすくなります。一方で写真がない求人情報は、魅力が伝わりにくいと感じられがちです。求人情報に写真を掲載すれば、採用活動の効率化やブランディングの向上も期待できるでしょう。

ジョブメドレーに向いている医院とは

歯科衛生士が不足している課題に直面している歯科医院にとって、採用活動は容易ではありません。ジョブメドレーは、そのような課題解決を強力にサポートする情報サイトです。

以下でジョブメドレーに向いている歯科医院をご紹介します。

時間をかけて採用したい医院

ジョブメドレーは、即戦力を求めている医院よりもじっくりと採用活動を行いたい医院に向いているといえます。ジョブメドレーはWeb面接の他に動画選考を行っています。動画選考は、求職者が自己PRや質疑応答などを撮影した動画を提出して受ける選考のことです。そのため、動画選考で人材をじっくり選ぶことができます。動画選考の際は、一定の期間を要するため、急ぎで人材を確保したい場合は適していません。一方、将来の医院運営を見据えて、ゆとりを持って採用活動を行いたい医院には最適です。 

赤字リスクなしで採用したい医院

ジョブメドレーは、採用費用が発生するのは実際に採用が決まった時のみです。そのため、応募者がいなくても費用は発生しません。つまり、赤字リスクがない採用活動ができるのがメリットです。一般的な求人広告では、応募者の有無に関わらず広告料金が発生します。ジョブメドレーでは赤字リスクがないため、医院の経営リスクを最小限に抑えた上で採用活動を行えます。

少人数を採用したい医院

ジョブメドレーでは、少人数の歯科衛生士を採用したい医院にも対応できます。 少人数採用の場合、面接対象者が限られるので、効率的に人材を見つけられます。ジョブメドレーには、多くの歯科衛生士求職者が登録しており、厳選された求職者とのマッチングで希望に合致する求職者を効率的に見つけることができます。

歯科衛生士の採用でお困りならデンタルHR総研

求人サイトに求人情報を掲載する際は自院情報の登録はもちろん、コツをつかんだ募集要項や写真の掲載など、さまざまな手間がかかるものです。普段の診療業務が忙しいため、採用活動が負担になることもあるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、歯科に特化した採用代行サービス「デンタルHR総研」です。

デンタルHR総研は、歯科衛生士の採用が難しい医院に対し、さまざまなソリューションを提供しています。採用が難しい歯科衛生士に向けて、魅力的な求人原稿の作成からスカウトメールの送付・応募者への対応や面接日程の調節など、採用に関わるさまざまな業務を全て丸投げ可能です。その分、働きやすい職場作りに力を入れられるのではないでしょうか。

また、歯科衛生士の採用実績が豊富なため、効果的な求人作成や面接対策のアドバイスも可能です。求職者のニーズを把握しているため、魅力的な求人作りのポイントも押さえています。医院の立場に立った細やかなサポートで、歯科衛生士の確保と定着を後押しいたします。

デンタルHR総研はこちら

まとめ

今回は、ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う際の流れや求職者の心をつかむ募集要件のコツをお伝えしました。ジョブメドレーは、医療介護業界で働きたい人のための求人情報サイトです。歯科衛生士の募集要件を作成する際は、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 労働条件や環境の魅力を伝える
  • 女性の立場になって求人を作成する
  • 求人情報をできる限り具体的に記載する
  • アピールポイントを分かりやすくまとめる
  • 求職者の知りたい情報を入れる
  • 客観的な数字や事実を入れる
  • 写真を充実させる

求人情報を工夫し歯科医院の雰囲気や良さを上手に伝えることが、優秀な歯科衛生士の確保につながります。採用業務のノウハウや時間がないため可能な限りアウトソーシングしたい場合は、デンタルHR総研【お問い合わせフォーム】から、お気軽にご相談ください。

 

歯科衛生士特集&ピックアップ
ジョブメドレー中途採用初めての採用歯科衛生士求人媒体・求人サイト

歯科衛生士を日雇いする際のメリット・デメリットや注意点を解説

歯科医院経営において、歯科衛生士の確保は重要な課題の一つです。人材確保として日雇い形式で歯科衛生士に来てほしいと考える医院も多いのではないでしょうか。 日雇い雇用は、人件費を抑えつつ柔軟な人員調整が可 ...

グッピーで歯科衛生士の求人を出すメリットを医院向けに解説

「歯科衛生士の求人を出しているのに、応募が全く来ない」こんなお悩みを抱えた歯科クリニックの院長先生は、実はとても増えています。 近年は歯科衛生士の需要が高く、高いお金を出して求人サイトに記事を載せても ...

【医院向け】歯科衛生士のよくある退職理由を知って職場環境を整えよう

これから歯科医院をオープンする場合、歯科衛生士にはできるだけ長く勤務してほしいですよね。また、すでに開院済みの歯科医院でも、人材不足で困っている場合など、歯科衛生士の定着率を高めたいと考える先生は多い ...

国民皆歯科健診とは?実現されたら歯科医院に起こる変化

2022年6月に、日本政府は国民全員の歯科健診を義務化する「国民皆歯科健診」の検討を発表しました。 国民皆歯科健診とは、日本の公的な保健サービスの一環として行われる、全ての国民に対する定期的な歯科健診 ...

フリーランスの歯科衛生士とは?採用するメリットや給与事情を紹介

近年、歯科業界ではフリーランスの歯科衛生士への需要が顕著に高まっています。 しかし、独立して働く彼らが実際にどのような業務を行っているのか、また歯科医院にどのようなメリットをもたらすのかは、一般にはあ ...

シカカラの紹介手数料はいくら?歯科衛生士採用のため知っておくべきこと

歯科衛生士の求人倍率は非常に高く、採用が難しいのが現状です。人手不足でお困りの歯科医院も多いのではないでしょうか。 本記事では、歯科衛生士・歯科医師専門の人材紹介サービス「シカカラ」についてご紹介しま ...

【歯科医院向け】歯科衛生士が感じるメリット・デメリットを解説

歯科衛生士を日雇いする際のメリット・デメリットや注意点を解説