歯のホワイトニングを医院で行う際の種類やルールをわかりやすく解説

2024.06.12

患者様の「白い歯」への願いに応えるため、歯のホワイトニング処置ができる優秀な歯科衛生士の採用を検討されている歯科医院の先生方も多いはずです。本記事では、歯科医院で行うホワイトニングの種類やルールを徹底解説し、他の歯科医院との差別化を図るホワイトニングコーディネーターを採用する魅力を解説します。

歯科医院で行うホワイトニングの種類

歯科医院で行うホワイトニングは、安全性が高く確実な効果が期待できる治療法です。医師の監督の下、歯科衛生士が施術にあたることで、リスクを最小限に抑えられます。患者様にとっても、歯科医院で行うホワイトニングには大きなメリットがあります。以下では、歯科医院で行うホワイトニングの種類を解説します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、高濃度の過酸化水素を含む薬剤を使用して行うホワイトニング方法です。一部の歯科医院では、オリジナルの薬剤を使用する場合もあります。オフィスホワイトニングは、短時間で劇的な変化が期待できる一方で、施術時の痛みや知覚過敏のリスクがあるものの、歯科医師の監督下で行うため、安全性が高いです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、患者様自身が自宅で行うホワイトニング方法です。歯科医院でマウスピースとホワイトニング剤を処方し、歯を白くしていきます。オフィスホワイトニングと異なり、自宅で好きな時間にできるのが特徴です。一方で、効果が出るまでに時間を要し、患者様の手技によっては期待した効果が得られない可能性があります。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所を組み合わせたホワイトニング方法です。初めに、歯科医院でオフィスホワイトニングを行った後、自宅でホームホワイトニングを続けていただきます。デュアルホワイトニングのメリットは、オフィスホワイトニングの即効性とホームホワイトニングの長期的な効果を併せ持つことです。患者様の歯の状態を詳しく診査した上で、リスクとメリットを十分にご説明し、最適な治療方法を提案することが大切です。

歯科医院が行うホワイトニングのルール

歯科医院のホワイトニングは、患者様の健康と満足度を最大限に確保するため一定のルールに従って施術を行います。以下で、歯科医院のホワイトニングに関するルールをご紹介します。

ホワイトニング処置は歯科衛生士でも可能

ホワイトニングは医療行為であり、適切な知識や手順なく提供すると、トラブルにつながる可能性も否定できません。しかし、ホワイトニング処置自体は歯科衛生士に任せられます。具体的には、以下のような流れになります。

  1. 歯科医師が患者さんの口腔内を診査し、ホワイトニングの適否を判断する
  2. ホワイトニングの方法や注意点などについて、歯科医師から歯科衛生士へ指示を出す
  3. 歯科衛生士が、歯科医師の指示に従ってホワイトニング処置を実施する

このように、ホワイトニング処置は歯科衛生士が補助する形で業務を分担できます。

歯科衛生士の業務内容についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

歯科衛生士がやってはいけないことは?違法行為をしないために知るべきこと

歯科医師の指導・監督が必須

先述したように、ホワイトニング処置自体は歯科衛生士が行うことができますが、歯科医師の指導・監督の下で行われなければいけません。歯科医師は、患者様一人ひとりの状態を確認し、適切なホワイトニング方法を選択します。

処置中はホワイトニング剤の作用を監視し、歯肉や口腔粘膜への影響がないかチェックします。処置後は、ホワイトニングの効果が持続するよう、患者様へのブラッシング指導やメンテナンス方法を歯科衛生士に指示します。

このように、ホワイトニングは一連の医療行為が伴うため、歯科医師の適切な指示と監督が欠かせません。

ホワイトニングコーディネーターを採用する魅力

近年、歯のホワイトニングに対する患者様の需要が高まっています。しかし、歯科医師は診療や治療に専念する必要があり、ホワイトニングに十分な時間を割くことができない医院も多いでしょう。そこで、歯のホワイトニングに特化したホワイトニングコーディネーターの資格を持つ歯科衛生士の採用が有効です。

ホワイトニングコーディネーターは、歯科衛生士が取得できる資格の一つです。ホワイトニングコーディネーターを自院に配置することで、患者さんに満足いただけるサービスを提供できるでしょう。以下でホワイトニングコーディネーターを採用する魅力を解説します。

患者様からの信頼につながる

歯科医院がホワイトニングコーディネーターを採用することで、ホワイトニングの知識を交えながら患者様に適切な説明やアドバイスができます。ホワイトニングコーディネーターは専門知識を持っているため、患者様にわかりやすく丁寧に説明することが可能です。

患者様は歯科医院で質の高いホワイトニングを受けられると実感できるため、歯科医院を信頼し、継続して通院してくれるようになるでしょう。

歯科医院が選ばれやすくなる

ホワイトニングコーディネーターは、患者様にホワイトニングに関する高い知識や技術を提供できます。ホワイトニングコーディネーターを配置した歯科医院では、資格者のいない歯科医院と比べ、質の高いホワイトニングを受けられるため、歯科医院への評判も高まるでしょう。

ホワイトニング処置は歯科衛生士でも行えますが、資格者がいると「ホワイトニングするなら、資格者がいるこの医院にしよう」と患者様からも選ばれやすくなります。

最新のホワイトニング事情が説明できる

近年のホワイトニング治療は、従来の方法に加えて新しい手法も導入されています。また、ホワイトニングコーディネーターは、日本歯科審美学会に入会していることが条件となり、更新が必要な資格です。

定期的に学会が主催する学術大会などに参加することになるため、その時々の最新のホワイトニング事情を把握できます。そのため、ホワイトニングコーディネーターは最新事情を把握しつつ、患者様に説明することができるでしょう。

歯のホワイトニングに精通した歯科衛生士を育成する

ホワイトニングコーディネーターは、日本歯科審美学会がホワイトニングに関する専門的な知識や臨床技能を有していると認めた歯科衛生士に与える資格です。認定資格の申請には、以下の条件を満たす必要があります。

  • 歯科衛生士の免許取得者である
  • 日本歯科審美学会会員である
  • ホワイトニングコーディネーター認定講習会を受講して試験に合格する

なお、ホワイトニングコーディネーターの試験は会場開催ですが、講習会はWeb開催になるため、歯科衛生士が働きながら自分の好きな時間に受講できます。そのため、自院で働いている歯科衛生士をホワイトニングコーディネーターに育成することも可能です。

ホワイトニングを受けにこられる患者様の中には、資格を持つ歯科衛生士がいるかどうかを、歯科医院選びのポイントにする方もいるでしょう。そのため、歯科衛生士の資格の取得は医院の評判を上げることにもつながると考えられます。

歯科衛生士の採用でお困りならデンタルHR総研

ホワイトニングコーディネーターを育成するには、歯科衛生士の確保が欠かせません。しかし、歯科衛生士を採用することは容易ではありません。「歯科衛生士を募集してもなかなか応募が来ない」「忙しくて採用活動に手が回らない」など、歯科衛生士の採用でお困りなら、デンタルHR総研にお任せください。

デンタルHR総研では、実績豊富な歯科採用のプロが蓄積してきた確かなノウハウを活かし採用活動を強力にサポートいたします。歯科衛生士の採用が実際に決まるまでは、費用が発生しないため、効率的に費用をかけたい場合にもぴったりでしょう。興味のある方は、ぜひ公式サイトを確認し、お問い合わせください。

デンタルHR総研のサービス内容はこちら

まとめ

今回は、歯科医院で行うホワイトニングの種類やルールを解説しました。歯科医院でのホワイトニングは、医師の監督の下で歯科衛生士が手技を行うことができます。さらに、ホワイトニングコーディネーターを配置している歯科医院では、他の歯科医院との差別化が図れるだけでなく、患者様から信頼され選ばれやすくなるでしょう。ホワイトニングコーディネーターは最新のホワイトニング事情を丁寧に説明できるため、患者様はより質の高いカウンセリングを受けられます。歯科医院側は、歯科衛生士をホワイトニングコーディネーターに育成することも重要です。

歯科衛生士の人材確保にお困りの場合は、デンタルHR総研にご相談ください。経験豊富なコンサルタントが、貴院のニーズにあった優秀な人材を迅速にご紹介いたします。

デンタルHR総研のサービス内容はこちら

 

歯科衛生士
中途採用初めての採用歯科経営歯科衛生士歯科衛生士採用

【医院向け】歯科衛生士の人材紹介やジョブメドレーはすぐ辞める?

せっかく採用した歯科衛生士が入職してすぐに退職してしまった。中でも良く耳にするのが、人材紹介やジョブメドレー経由、つまり成功報酬型サービスにおいて採用した人は辞めやすいという話です。それは果たして本当なのでしょうか? 本記事ではそんな早期退職について対策も含めて解説しています。 歯科衛生士、歯科助手、歯科医師共通です。

歯科衛生士が不足している理由や定着率を上げるポイントを解説

  歯科医療の現場で、歯科衛生士の確保が大きな課題となっています。現在の歯科衛生士不足が、単なる人員不足ではなく、医療の質や患者満足度を低下させる深刻な問題であることを認識する必要があります ...

【歯科医院向け】歯科衛生士が感じるメリット・デメリットを解説

歯科医院にとって優秀な歯科衛生士の採用は、患者に提供するサービスの質を大きく左右します。良質な人材が加わることで、患者様への高水準なケアを実現し、医院の評判を向上させることが可能です。しかし、採用に失 ...

【医院向け】歯科衛生士採用で完璧を目指すと、始める前に失敗する件

歯科衛生士の採用がうまくいかないとお悩みではありませんか? この記事で「は歯科衛生士採用で失敗するパターン」と「効果的な採用の始め方」を解説します。 歯科衛生士の求人でお困りに歯科医院必見です。

【採用担当者向け】ジョブメドレーへの求人掲載方法や費用についてご紹介

圧倒的な売り手市場である歯科衛生士は、採用が難しいことでも有名です。 採用活動がうまくいかなかったり、採用してもすぐに辞めてしまったりとお悩みの医院も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめしたいの ...

【医院向け】「労働条件通知書」と「雇用契約書」についての解説〜歯科衛生士・歯科助手・歯科医師共通〜

歯科医院における早期退職の原因である採用のミスマッチ。その原因は「聞いていた話と違う」です。そんなミスマッチをなくす意味でとても重要なのが「労働条件通知書」と「雇用契約書」。この記事ではそんな「労働条件通知書」と「雇用契約書」について詳しく解説しています。

歯科衛生士が不足している理由や定着率を上げるポイントを解説

歯医者の年収はいくら?平均や収入を上げる方法をわかりやすく解説