歯科医院のコンサルティングとは?費用相場やメリットを紹介

2023.12.25

歯科業界では、優秀な歯科医師や歯科衛生士を採用するのが困難な状況が続いているため、多くの歯科医院が新たな採用手法を模索しています。

そこで注目されているのが、歯科コンサルタントの活用です。コンサルタントは、豊富な求人情報や人材ネットワークを持ち、スピーディーな採用活動をサポートしてくれます。

この記事では、歯科コンサルタントを初めて利用する医院長さまに向けて、契約形態をはじめ、歯科医院コンサルティングの内容やメリットなどを詳しくご紹介します。

この記事を参考に、自院に合ったコンサルタントを選びましょう。

歯科医院のコンサルティングとは

歯科医院のコンサルティングとは、医院の経営や業務の改善をサポートするサービスのことです。歯科医院の経営は、普段の診療や医療面に加え、経済面やマーケティング面など、さまざまな要素があります。そのため、経営に関する専門知識や経験が必要となることもあるでしょう。

コンサルティングでは、経営者や医院長との面談を通じて、現状の問題点や課題を明確化し、それに対する解決策や改善案を提案します。具体的な業務内容としては、人材採用や人材育成、集患状況の分析や改善、キャッシュフローの改善、医院改装のアドバイスなどがあります。

契約形態

コンサルティングには、大まかに分けて顧問契約(アドバイザリー契約)、時間契約型(チャージレート型)、成果報酬型の3つの契約形態があります。十分に検討した上で、自身の歯科医院に最適なコンサルティング形態を選んでください。

それぞれ料金や特徴が異なるので確認していきましょう。

顧問契約型(アドバイザリー契約)

顧問契約型(アドバイザリー契約)とは、業務委託を継続的に契約することをいい、一般的に月次または年次の契約期間で、定期的な面談やコンサルティングの提供が行われます。

毎月一定の料金がかかりますが、契約の範囲内の業務なら量の多少を問わずに委託することができます。

長期契約を結ぶことで、歯科医院とコンサルタントの信頼関係が構築されることがメリットです。信頼関係があるため、より深い情報の共有や意見交換が行え、結果的により良い経営改善ができるでしょう。月日が経つにつれコンサルティング会社も貴院の内情を把握しやすくなり、より良いコンサルティングが可能となります。

デメリットとしては、長期間継続することを前提として契約するため、短期間での契約解除は難しいという点が挙げられます。

行いたいプロジェクトなどの内容をよく考え、どのくらいの期間が必要になるかよく考えてから契約を考えた方が良いでしょう。

時間契約型(チャージレート型)

時間契約型(チャージレート型)とは、名前の通りコンサルタントが業務に関わった時間に応じて報酬を支払う形態です。

上記でご紹介した顧問契約は長期での契約が前提ですが、こちらは短期間や単発での利用も可能で、気軽に利用しやすいのがメリットでしょう。その代わりに、中長期的な視点でコンサルティングしてもらえないことや、顧問契約に比べ幅広い範囲にわたって業務に介入することはできないというデメリットがあります。

成果報酬型

成果報酬型とは、成果に対してコンサルティング料金を支払う形態です。

歯科医院の場合なら、経費削減や売上利益アップ、人材の採用などが成功した際に料金が発生します。

コンサルティングによって初期費用などがかかることもありますが、設定した成果が成功しない限りは料金は発生せず、費用を最小限に抑えられることがメリットでしょう。

初期費用が安く抑えられる代わりに成果報酬が高いという声も見られます。

歯科医院のコンサルティングの料金相場

コンサルティング会社によって料金は異なりますが、相場は以下のようになっています。

  • 顧問契約(アドバイザリー契約)は月額20万円~50万円前後
  • 時間契約型は5,000円~3万円前後
  • 成果報酬型は相場がない

成果報酬型は、売上の◯%、採用した人材の年収の◯%など成果によって料金が異なるため、相場を出すのは難しくなっています。

成果報酬型は初期費用が安く抑えられる代わりに成果報酬が高いということを上述しましたが、この費用はスタッフ採用や経営改善による収益増加やコスト削減などによって十分に回収できる可能性があります。

どの契約形態にするか決まったら、目的に応じてコンサルティング会社を選定していきましょう。

以下の記事では、おすすめの歯科コンサルティング会社についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

求人採用に特化した歯科コンサルタント5選|費用や特徴を紹介

歯科コンサルティングの内容

歯科コンサルティングでは、医院全体のマネジメントをはじめ、以下のような内容のサポートを依頼することができます。

  • 人材採用
  • 人材育成
  • 集患状況の分析や改善
  • キャッシュフローの改善
  • 医院改装のアドバイス

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

人材採用

歯科医院はとても数が多いことや、歯科衛生士は国家資格であること、女性が多いため育児などで一度離職してしまうことが多いということから、歯科業界では求人市場の競争が激化しています。そこで人材採用をコンサルティングに依頼したいと考えている医院さまは多いのではないでしょうか。

コンサルティング会社にもよりますが、歯科コンサルティングでは、採用にかかるさまざまな業務をお任せすることができます。

人材採用のプロがサポートするので、より質の高い人材を採用することができるでしょう。

もちろん求人条件や面接、選考などは自身で行う必要がありますが、応募者対応や日程調整などの細かな事務仕事を任せられるので、医院長さまは診療に専念できます。

人材採用やスタッフの離職にお悩みの方は、以下の記事もぜひご覧ください。

歯科衛生士の離職率が高い理由とは?定着率を高めるためには採用から見直すべき!

歯科衛生士は職場の人間関係で悩む?院長ができる人間関係を良くする方法

人材育成

歯科コンサルティングでは人材育成のサポートも行っています。

忙しい歯科医院では、人材育成に時間をかけられずにスタッフの不満が溜まってしまうこともあるでしょう。そこで、歯科コンサルティングに人材育成のサポートを依頼するという手もあります。

歯科コンサルティングでは、歯科医院のリーダーシップ陣やマネージャーに対して、チームを指導し統率するスキルや戦略的な判断力を養うトレーニング、コミュニケーションスキルの向上や患者への適切な情報提供方法に焦点を当てたトレーニング、新しい技術や治療法に対するトレーニングなどを依頼することが可能です。

コンサルティング会社により内容は異なるので、どんな人材を育成したいか目的にあったプランを探しましょう。

集患状況の分析や改善

人材採用や人材育成の他に、集患状況の分析や改善も歯科コンサルティンの内容として挙げられます。

集患とは、文字の通り患者さんを集めるということ。開業したての医院の場合は、なかなか患者が定着せずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

治療が専門の医院長さまは、集患などのマーケティング要素は苦手な方もいると思います。そんな時に歯科コンサルティングを利用することで、さまざまな施策を通じて貴院をサポートしてくれるでしょう。

経営の専門家からのアドバイスや指導によって、歯科医院の経営スキルを向上させることも可能です。

医院改装のアドバイス

親が経営していた医院を継ぐ場合などは、医院の改装や移転などを行うこともあるでしょう。これらを行うのも医院長の仕事ですから、初めてのことに悩む方も多いと思います。

歯科コンサルティングでは、医院改装などのアドバイスを受けることも可能です。

患者さんが過ごしやすい快適な医院にしたり、通いやすい利便性の良い場所に移転することで、集患にもつながります。プロの視点でアドバイスをしてくれるので、医院の改装や移転も成功させやすくなるでしょう。

歯科コンサルティングのメリット

上記でご紹介した通り、歯科医院コンサルティングにはさまざまな面で歯科医院をサポートしてくれます。

  • 社外の知見を取り入れられる
  • 精度の高い改善施策を提案してもらえる
  • 課題改善に向けて素早い成果を目指せる
  • ノウハウを蓄積できる

本項目では、歯科コンサルティングのメリットについて詳しく見ていきましょう。

社外の知見を取り入れられる

歯科医院は個人による経営がとても多く、長く経営していると治療方針や問題の改善策なども一つの考えに凝り固まってしまうことがあります。

人材採用してもすぐ辞められてしまう、集患がうまくいかない、などの悩みを抱えている医院さまは、一度コンサルティングに相談して社外の知見を取り入れるのがおすすめです。コンサルタントは客観的な視点で医院の現状を分析し、問題点を明確化してくれるでしょう。

精度の高い改善施策を提案してもらえる

歯科医院の経営は、医療だけでなく経済やマーケティングなど幅広い専門知識や経験が必要です。時には自身の経験や知識だけでは限界がある場合もあるでしょう。

コンサルティング会社には専門知識を持ったスタッフがいるため、効果的な改善策を提案できます。専門家のサポートを受けることで、より効率的に問題解決に向けて行動することができるでしょう。

課題改善に向けて素早い成果を目指せる

歯科医院を経営していく上で何かしら問題が発生した時には、素早く改善していきたいものです。しかし、医院長は日々さまざまな業務に追われており、改善に向けて取り組む時間や余裕がないということもあるでしょう。

そこでコンサルティングを利用することで、素早く課題を改善でき、経営者の負担も軽減できます。

ノウハウを蓄積できる

コンサルティングを利用する際には、さまざまな問題の改善施策や資料などを提供してもらえることもあるでしょう。契約期間が終わったら、問題が解決したらそれで終わりという訳ではなく、コンサルティングで提案してもらった案が成功すれば、それをノウハウとして医院に蓄積することも可能です。これからの経営にも役立てることができるでしょう。

歯科コンサルティングのデメリット

歯科コンサルティングにはさまざまなメリットがあることがわかりました。

本項目では、歯科コンサルティングのデメリットについても見ていきましょう。

デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • コストがかかる
  • コンサル会社によって得意領域が異なる

コストがかかる

コンサルティングを利用する以上は仕方のないことですが、コストはどうしても発生します。

最初にもご紹介しましたが、コンサルティングは契約形態もさまざまです。まず短期間試してみたい場合は時間契約型、コストがかかってもいいから長期的にサポートを受けたい場合は顧問契約型。初期費用を抑えたい場合は成果報酬型がおすすめです。

コンサルティング会社により費用はさまざまなので、自身に合った会社を選択しましょう。

コンサル会社によって得意領域が異なる

コンサル会社によって、歯科医院の人材採用を得意にしているものや、歯科医院の人材育成を得意しているものなど、得意領域は異なります。

医院を経営する上で何が問題なのかしっかりと洗い出してから、何の業務をコンサルティングに依頼するか選択しましょう。

歯科衛生士の採用でお困りならデンタルHR総研

最後に、人材採用に特化したコンサルティングサービス「デンタルHR総研」についてご紹介したいと思います。

デンタルHR総研は初期費用は一切かからない成功報酬型です。

  • 医院のニーズに合わせた3つの料金プラン
  • 無料コンサルで求人条件設定のアドバイスをします
  • アフターフォローも完備

採用した人材が早期退職した場合などのアフターフォローもしっかり揃っていますので、人材採用にお悩みの医院さまは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

医院のニーズに合わせた3つの料金プラン

デンタルHR総研では、医院のニーズに合わせた3つの料金プランをご用意しております。

ベーシックプラン、プレミアムプラン、VIPプランの全て初期費用はかかりません。

ベーシックプランは月額費用も0円の業界初の完全成功報酬型です。とにかく費用を抑えて採用したい医院長さまは、ぜひこちらのプランをご利用ください。

無料コンサルで求人条件設定のアドバイスをします

歯科採用に特化した求人サイトを使ってもなかなか応募がこないとお悩みの医院長さまは多いのではないでしょうか。

応募が来ない理由には、求人条件が魅力的でなかったり、求人原稿で医院の魅力をうまくアピールできていなかったりする可能性があります。

デンタルHR総研では、無料コンサルで最新の求人トレンドを踏まえた求人条件設定のアドバイスや、応募が来る求人原稿の作成と日々の更新、効果の出るスカウトメールの送信、対応などを貴院に代わって全て行います。

アフターフォローも完備

高い成功報酬を払ったのにスタッフが早期退職してしまった場合はどうなるの?と不安に感じる方もいるかもしれません。

デンタルHR総研では、早期で退職した場合は成功報酬分を「全額返金」するのでご安心ください。

また、採用して終わりではなく、入職後もケアを行いフォローを継続します。

まとめ

今回は歯科医院のコンサルティングについて詳しくご紹介しました。コンサルティング会社によって、サポートする内容や費用もさまざまです。費用やコンサルティング内容などをよく確認し、自院に合ったコンサルティングを選択しましょう。

デンタルHR総研はスタッフ採用に特化したコンサルティングサービスです。なかなか採用がうまくいかないとお悩みの医院さまは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

お役立ち情報特集&ピックアップ
初めての採用採用代行・アウトソーシング採用戦略新卒採用歯科助手・受付採用歯科経営歯科衛生士採用求人媒体・求人サイト

【大阪の医院向け】歯科衛生士の「採用」徹底攻略!

大阪は歯科衛生士採用の激戦区です。 そんな大阪で歯科衛生士採用を成功させる方法を知りたくありませんか? 本記事ではその理由や対策を含めて解説します。 大阪で歯科衛生士採用を成功させたい歯科医院様必見です!

すぐスタッフが辞める歯科医院の特徴10選|スタッフを辞めさせない方法とは

「せっかく採用したのに、働き始めて半年もしない間に辞めてしまった。どうして採用しても、すぐに辞めてしまうのだろうか?」そんな経験をしたことがある歯科医院関係者もいると思います。では、なぜ歯科衛生士がす ...

ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う流れや募集要件のコツ

歯科医院経営者の皆さま、歯科衛生士の求人活動でお悩みではありませんか?医療従事者の確保は医療機関にとって最重要課題の1つです。しかし、求職者が求める条件と医院側の求める人材要件にギャップが生じることや ...

グッピー求人で歯科衛生士の採用を成功させよう

歯科衛生士の求人倍率はとても高く、圧倒的な売り手市場となっています。 求人サイトに求人を出してみても、なかなか良い人材を採用できないとお悩みの医院さまは多いのではないでしょうか。 良い人材を採用したい ...

歯科衛生士がやってはいけないことは?違法行為をしないために知るべきこと

歯科衛生士の業務は、歯科医師の業務とは異なります。歯科衛生士は、歯科医師の監視のもと、業務を行うこととなっているのです。そのため、歯科衛生士に歯科医師の業務を任せてしまうと、それは違反行為となります。 ...

歯科衛生士の「採用単価」はいくら?採用コストと採用単価の話

歯科衛生士の採用単価の適正値はいくらくらいだと思いますか? 本記事では採用単価についての考え方から、採用コストと採用単価を下げるポイントまで解説します。 歯科衛生士採用でお困りの医院様必見です。

フリーランスの歯科衛生士とは?採用するメリットや給与事情を紹介

歯科医院の採用に必要な事務は代行サービスを利用しよう