デンタルワーカーの口コミは?活用するためのポイントをご紹介!

2024.02.05

歯科医院で採用を担当されている歯科医院長先生の中には、歯科の人材代行サービス「デンタルワーカー」の情報を知りたいと考えている方も多いことでしょう。本記事では、歯科治療の人材紹介サービスであるデンタルワーカーの口コミを交えて特徴を解説し、デンタルワーカーを活用するためのポイントをお伝えします。

デンタルワーカーとはどんな企業?

デンタルワーカーは、厚生労働省からの許可を得て運営している歯科人材の採用に特化した人材紹介サービスです。登録者の中から適した人材を紹介してもらえるため、歯科医院院長先生の採用に係る負担を軽減できます。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手等の歯科治療に携わる様々な人材が登録しており、ニーズに合う人材を適切に紹介してもらえます。全国各地の広いエリアでサービスを展開していて、各地の歯科医院の利用実績がある所も、デンタルワーカーの特徴です。

デンタルワーカーの特徴

デンタルワーカーは、実際に人材が採用されるまでは手数料不要で利用できる完全成功報酬型の転職サービスです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手等の歯科治療に携わる様々な人材が登録しており、現在就学中で歯科業界に関する資格を取得する見込みのある方が就職先や転職先を探すために活用されています。

デンタルワーカーは非公開求人が多く、電話やメールマガジンで紹介しています。歯科医院で求人を行う際は「デンタルワーカーの非公開求人」として申請することで、非公開求人として扱われる仕組みです。また、デンタルワーカーは全国エリアに対応しており、特定の地域や詳細条件で検索をかけることが可能です。

デンタルワーカーについては、こちらの記事もぜひご覧ください。

デンタルワーカーの成功報酬額はいくら?採用成功までの費用を下げる方法

「​​デンタルワーカーの紹介手数料はいくら?歯科衛生士の採用を成功させる方法

デンタルワーカーの良い口コミ

デンタルワーカーを利用した人は、サービスに関してどのような感想を抱いたのでしょうか。実際にデンタルワーカーの人材紹介サービスを利用した人から寄せられたリアルな口コミの中から、好意的な意見を中心にご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

デンタルワーカーでしか紹介されない求人がある

「数ある人材紹介サービスの中からデンタルワーカーを選んで良かったと感じたのが、デンタルワーカーでしか紹介されない求人があるところです。様々な求人サイトで紹介されているのではなく、歯科衛生士の採用を専門的に手掛けるデンタルワーカーでしか紹介されない求人情報であることから、求人の質が高まり、結果的に優秀な人材を獲得しました。歯科人材の採用に関する豊富な実績やノウハウを持つデンタルワーカーを利用して正解でした。」

デンタルワーカーのみの求人の紹介で、効率的な採用が行えた声です。非公開求人は外部には出回らない求人情報のため、質の高い人材が獲得しやすいと考えられます。

アルバイト求人も紹介できる

「社員として勤務するスタッフの求人だけではなく、アルバイト求人も紹介されるので、希望に合った人材を見つけることができました。細かな条件に至るまで説明が行き届いた求人情報を作成してもらったおかげで、こちら側が提示する勤務条件を理解して応募してくれる人材が多く、ミスマッチが少なくて済みました。職場の人間関係といった一般的な求人では扱っていない情報も含めて取り扱っていたため、新たな職場探しを検討している人が安心して応募してくれたように思います。」

デンタルワーカーは、正社員だけではなくアルバイトやパートの雇用形態も紹介できます。歯科医院の状況に合わせた求人紹介ができるため、希望に合った人材を見つけることが可能です。

アドバイザーが親身に対応してくれる

「歯科クリニックで独自の求人を出しても一向に応募者がおらず、困り果てた際に出会ったのが、デンタルワーカーでした。採用に対する不安も大きかったのですが、アドバイザーが親身に対応してくれたこともあり、不安や疑問点を解消しながら、採用に向けて前向きに取り組むことができました。ヒアリングがとても丁寧で、話し下手なこちら側の意図をきちんと汲み取ってもらえたのが、ありがたかったです。人材紹介サービスの利用は初めてでしたが、信頼できるアドバイザーにサポートしてもらうことができて、本当に満足しています。」

アドバイザーの対応が親身で信頼できた声です。初めて人材紹介サービスを利用する際は、不明点や疑問点等も多いため、不安になりがちです。アドバイザーのサポートがしっかりしていると安心して採用に向けた取り組みができるでしょう。

デンタルワーカーの悪い口コミ

デンタルワーカーは良い口コミが多いですが、中には残念に感じた点を指摘している口コミも見られます。利用した際に不便に感じた点や不安に感じた点を挙げている口コミをご紹介しますので、デンタルワーカーの側面を理解するヒントになれば幸いです。

郊外の求人掲載数が少ないと感じる

「対応している地域が広いと聞いて、デンタルワーカーを利用し始めました。実際に利用して感じたのは、全国各地の求人を取り扱っているとは言うものの、地域によって求人紹介数に偏りがあることです。郊外の求人紹介数が少ないように感じられた点は、やや残念でした。大都市と比べると、郊外は歯科医院の数自体が少ないことも影響しているかとは思いますが、もう少し郊外の求人情報も充実していると、さらに使い勝手が良いのに。と感じてしまいました。」

デンタルワーカーは全国エリア対応ですが、紹介エリアに偏りがあるという声でした。郊外の歯科医院は未対応の所が多いのか紹介数が少ないようです。

一度登録すると電話やメールがしつこいと感じる

「どのようなサービスであるかに興味を持ち、とりあえず登録だけを済ませた所、思っていた以上に頻繁に電話やメールで連絡があって戸惑いました。こちら側のペースで検討したい旨を伝えて、連絡する頻度を減らしてもらいましたが、繰り返し連絡が来ていた時期には、正直言ってしつこいと感じてしまったこともありました。優れた人材紹介サービスであることは理解できましたが、もう少し距離感を考えて対応していただけたらありがたかったです。」

アドバイザーを行う人によりますが、中には熱心に連絡をする方がいるようでした。採用のミスマッチ等をなくすために連絡をしっかり取ることは大切ですが、連絡の頻度が高すぎるとマイナスイメージになってしまう可能性もあります。

アドバイザーの対応が良くないことがある

「アドバイザーの対応が型通りの対応な感じがして、いまひとつ馴染めなかったところが、残念でした。丁寧さはありましたが、もう少し話しやすい雰囲気の方だったら、色んなことを深く相談できたのではないかと思います。初期のアドバイザーの対応に引っ掛かりを感じてしまったことで、積極的にサービスを利用したい気持ちにはなれなかったです。相性の問題もあり、私がアドバイザーとの相性が悪かったに過ぎないかもしれませんが、評判が良いサービスだと期待していただけに残念でした。」

アドバイザーと馴染めず、深い相談ができないと効率的な採用活動ができないことがあります。アドバイザーとの相性もありますが、アドバイザーによって対応の差がありすぎると積極的にデンタルワーカーを活用するのを考えてしまうかもしれません。

デンタルワーカーを活用するためのポイント

デンタルワーカーを活用するには、以下の点に気を配ることが大切です。

  • 採用条件を固めすぎないよう気をつける
  • 担当者との連絡をこまめにとる
  • デンタルワーカー以外の転職サイトも活用する

以下で活用ポイントを詳しく解説していきます。ポイントをしっかり把握して効率よくデンタルワーカーを利用してください。

採用条件を固めすぎないよう気をつける

まず覚えておきたいのが、採用条件を固めすぎないように気をつける点です。求人情報には、ある程度詳しい情報が大切ですが、あまりにも条件が厳しいと応募してくれる人材が限られてしまいます。応募者の希望により柔軟に対応できる条件は、必須条件として提示するのではなく「〇〇であれば尚可」「〇〇優遇」等の形で提示するのが好ましいでしょう。歯科医院内で条件を考えた上で、アドバイザーとも相談して採用条件を決めてください。

担当者との連絡をこまめに取る

デンタルワーカーを活用する上で重要なのが、アドバイザーとの連絡をこまめに取る点です。どのような人材が必要であるかを適切にアドバイザーに伝えて、ニーズに合った人材を紹介してもらいましょう。アドバイザーからの連絡を待つのではなく、積極的に連絡を取ることで、適切に情報をアップデートするようにしてください。完全成功報酬制のサービスであるため、納得のできる応募者が見つかるまでは、遠慮せずに連絡をして希望に合う人材を獲得しましょう。

デンタルワーカー以外の転職サイトも活用する

歯科衛生士の求人情報を紹介できるサイトは、デンタルワーカーだけではありません。デンタルワーカー以外にも目を向け、他の転職サイトも併用すると応募者の目に留まりやすく、早期に人材採用が決まる可能性があります。転職サイトにはそれぞれに特性があり、どのサイトが一番良いかと単純な比較ができるものではありません。転職サイトを1つに絞るよりも、複数の転職サイトを活用した方が効率よく人材採用を行うことができるはずです。

同じく歯科人材の採用におすすめの人材紹介サービスについては、歯科衛生士採用におすすめの人材紹介サービス3選の記事にて紹介していますので、ご興味がある方はあわせてご覧ください。

歯科衛生士の採用ならデンタルHR総研へ

歯科人材の採用ならデンタルHR総研にご相談ください。歯科で働く人材に特化した採用代行サービスを提供しているので、専門性の高い人材を効率的に探すことができます。採用代行なら応募者の管理や応募者フォロー等全て代行致しますので、煩雑なオペレーション業務などの採用工数を削減することが可能です。

採用のすべてを丸投げできる、医院のニーズに合わせた3つの料金プラン、アフターフォローも完備と言う特徴を分かりやすく解説しましょう。

採用活動にお悩みの方は、お気軽に「デンタルHR総研」までお問い合わせください。

採用のすべてを丸投げできる

デンタルHR総研ならではの特長が、採用のすべてを丸投げできる点です。歯科業界での豊富な専門知識をもつ担当者がサポートするのが強みです。歯科医院は、比較的少人数で経営していることも多く、採用の専任担当者がいるわけではない場合が殆どです。歯科医院長先生等、採用を兼務する方の負担を減らして診療に集中しやすい環境を整えることができるのはデンタルHR総研を利用するメリットです。歯科の人材採用のプロフェッショナルであるデンタルHR総研を賢く活用し、歯科医院の人材不足を解消してください。

医院のニーズに合わせた3つの料金プラン

デンタルHR総研では、ベーシックプラン・プレミアムプラン・VIPプランという医院のニーズに合わせた3つの料金プランを用意しています。

ベーシックプランは、初期費用や月額費用が一切不要なプランで、人材が採用された場合のみ成功報酬を支払う完全成功報酬型のプランです。VIPプランは、8万円の月額費用が発生しますが、人材採用時に成功報酬を払う必要がありません。プレミアムプランは、両者の中間的な位置付けのプランです。月額費用5万円で人材採用時に支払う成功報酬の額がベーシックプランよりも低い金額で済む点が特徴です。なお、全てのプランで初期費用は発生しません。

アフターフォローも完備

デンタルHR総研では、アフターフォローが完備している所もメリットです。入職後もしっかりフォローするサポート体制が整っているので、人材が定着しやすく早期離職を防ぎやすいのが特徴です。万が一、早期離職してしまった場合はベーシックプラン・プレミアムプランは採用時にお支払いいただいた成功報酬が返金される制度もあり安心です。

まとめ

今回は、歯科治療の人材紹介サービスであるデンタルワーカーの口コミを交えて特徴を解説し、デンタルワーカーを活用するためのポイントをお伝えしました。アルバイト情報も紹介でき、アドバイザーの対応が丁寧と好意的な口コミが多いですが、郊外の求人が少なく、登録後の連絡がしつこいとマイナスポイントを指摘する口コミもあるので注意しましょう。

効率よくデンタルワーカーを活用するために、最後にご紹介した採用代行サービス「デンタルHR総研」の利用を検討してみませんか?「デンタルHR総研」は、歯科採用のプロフェッショナルです。完全報酬制でリスクなくスタッフ採用ができるので、お問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お役立ち情報
デンタルワーカー採用代行・アウトソーシング歯科衛生士歯科衛生士採用求人媒体・求人サイト

歯科コンサルタントの評判は?良いコンサルタントを選ぶためのコツ

コンサルタントと聞くと、企業を対象とするサービスといったイメージを持つ方は多いかもしれません。しかし近年歯科医院間の競争が激化し、業績アップや人材獲得のためにコンサルタント会社に依頼する歯科医院が増え ...

フリーランスの歯科衛生士とは?採用するメリットや給与事情を紹介

近年、歯科業界ではフリーランスの歯科衛生士への需要が顕著に高まっています。 しかし、独立して働く彼らが実際にどのような業務を行っているのか、また歯科医院にどのようなメリットをもたらすのかは、一般にはあ ...

「国民皆歯科健診」施行でどう変わる?歯科衛生士の採用と教育が急務な予感 !?

日本政府が導入を検討している「国民皆歯科健診」歯科業界にとって嬉しいニュースであると共に心配事もあります。1番の懸念材料は歯科衛生士採用難による歯科衛生士不足です。 この記事ではそんな骨太方針の内容についての予測と対策について解説しています。 歯科医院、歯科業界に関わる皆様にご覧いただければ幸いです。

【採用担当者向け】ジョブメドレーでよくあるトラブルとは?口コミから真相を調査!

Two young women telling whispering secret gossip in the ear to an amazed shocked man with wide open ...

歯科衛生士の新人教育チェックリスト|効果的に使うポイントも解説

  歯科衛生士は患者との接点も多く、医院の印象を左右する重要な役割を担っています。歯科衛生士を採用する際には、新人教育をするのが難しいと感じることもあるでしょう。しかし、新人教育に多くの時間 ...

国民皆歯科健診とは?実現されたら歯科医院に起こる変化

2022年6月に、日本政府は国民全員の歯科健診を義務化する「国民皆歯科健診」の検討を発表しました。 国民皆歯科健診とは、日本の公的な保健サービスの一環として行われる、全ての国民に対する定期的な歯科健診 ...

歯科助手に辞める人が多いのはなぜ?辞める理由を解説

歯科衛生士の新人教育チェックリスト|効果的に使うポイントも解説