【歯科医院向け】歯科衛生士が感じるメリット・デメリットを解説

2024.04.10

歯科医院にとって優秀な歯科衛生士の採用は、患者に提供するサービスの質を大きく左右します。良質な人材が加わることで、患者様への高水準なケアを実現し、医院の評判を向上させることが可能です。しかし、採用に失敗すると医院運営における損失となり、時には職場環境の悪化にもつながります。近年は歯科衛生士の離職率が高く、人材確保に悩む医院も多いのではないでしょうか。

このような結果を避けるためには、歯科衛生士が感じるメリットやデメリットを理解し、職場環境の改善が重要です。本記事では、歯科衛生士が感じるメリット・デメリットや職場に求める条件をご紹介します。

 

歯科衛生士の退職理由は以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

【医院向け】歯科衛生士のよくある退職理由を知って職場環境を整えよう

歯科衛生士が感じるメリットとは 

 

歯科衛生士は、歯科医療の現場で直接患者様のお口の健康を支える重要な役割を担っています。歯科衛生士が感じるメリットは以下のようなものがあります。

  • 全国どこに行っても就職先に困ることがない
  • 仕事と家庭を両立させやすい
  • 一般の仕事と比べ収入が安定している
  • 患者さんとのつながりにやりがいを感じる
  • 自分の得意不得意を活かした職場が見つかる

以下でそれぞれのメリットに焦点を当てて掘り下げていきます。

全国どこに行っても就職先に困ることがない

歯科衛生士としての大きなメリットの1つは、全国どこに行っても就職先に困らないことです。日本では歯科医院の数がコンビニエンスストアの数を上回るほど多く、歯科衛生士にとって豊富な就職先があります。そのため、都会だけでなく地方においても歯科医院の需要は高く、さまざまな地域での勤務が可能です。歯科衛生士はライフステージの変化に応じて、勤務地を選ぶ柔軟性があるため、全国各地で安定した職を見つけることができます。

仕事と家庭を両立させやすい

歯科衛生士にとってのもう1つの大きなメリットは、仕事と家庭生活を上手に両立できる環境が整っている点にあります。多くの歯科医院がフレキシブルな勤務体系を導入しているため、パートタイムや時短勤務を選択する傾向が多いです。特に、子育て中の歯科衛生士は子どもの送迎時間に勤務スケジュールを合わせるなど、プライベートの時間との調和を図りやすい状況があります。このように、プロフェッショナルとしてのキャリアを続けながら、同時に家庭生活も充実させることが可能です。

一般の仕事と比べ収入が安定している

歯科衛生士の仕事は、一般の仕事に比べて収入が安定しているというメリットがあります。歯科衛生士は医療分野の専門職として需要が安定しており、給料も比較的安定しています。

経験やスキルアップに応じて給与が上がる制度を設けている医院も多く、長期的なキャリア形成を目指すことが可能です。そのため、歯科衛生士は収入の安定性のメリットを享受しながら、経済的な安心感を持って仕事に臨むことができるのです。

患者さんとのつながりにやりがいを感じる

歯科衛生士の仕事におけるもう1つのメリットは、患者さんとの深いつながりからやりがいを感じることができる点です。歯科衛生士は、定期的なメンテナンスや治療を通じて、患者さんの口腔健康を長期にわたってサポートできます。患者様の不調が改善した時に感じる達成感や感謝の言葉は、歯科衛生士にとって大きな喜びです。患者様とのつながりを通じてやりがいを感じることは大きなメリットであり、歯科衛生士を選ぶ理由の1つです。

自分の得意不得意を活かした職場が見つかる

歯科衛生士の仕事は働き方や仕事内容が医院により異なります。例えば、患者様とのコミュニケーション重視の医院やアシスタント業務がメインの医院もあるでしょう。働く医院がどのようなことに特化しているのか知ることで、自分の得意不得意を活かして働くことができます。歯科衛生士にはさまざまな仕事があるため、状況に応じて働くことが可能です。

歯科衛生士が感じるデメリット

歯科衛生士は多くのメリットを感じる一方で、いくつかのデメリットも感じています。医療現場で働くことの特性上、特有の課題やストレスへの直面も少なくありません。歯科衛生士が感じるデメリットは以下のようなものです。

 

  • 人間関係がこじれると面倒な場合がある
  • 感染症へのリスクが高い
  • 医院により福利厚生に差がある
  • 昇給には限界がある
  • 常に勉強が必要になる

 

以下では、歯科衛生士が感じるデメリットに焦点を当て、実際の職場で直面する可能性のある問題を詳しく掘り下げていきます。理解を深めることで、医院側はより良い職場環境の整備を図ることができるでしょう。

人間関係がこじれると面倒な場合がある

歯科衛生士として働く際のデメリットの1つに、人間関係がこじれると面倒な場合があります。特に個人経営の医院ではコミュニティが小さく、密接な関係性が求められるため、人間関係の摩擦が起こりやすくなりがちです。小規模な職場では、1人1人の人間関係が仕事の雰囲気に大きな影響を与えるため、個人間の問題が職場全体の問題に発展することも少なくありません。また、歯科衛生士は女性社会のため、特に重視されるポイントです。

感染症へのリスクが高い

歯科衛生士の仕事のデメリットには、感染症へのリスクが高い点があります。歯科医療現場は、血液や唾液などの体液に接触するため、感染症に対するリスクが一般の職場よりも高くなる傾向です。特にエアロゾルを伴う処置を行う際は、飛沫による感染の可能性が指摘されており、厳重な感染予防措置が必要です。高い感染症リスクは、歯科衛生士が職業生活の中で直面する重要なデメリットの1つであり、日々の予防策と注意が求められます。

医院により福利厚生に差がある

歯科衛生士は、医院により福利厚生に差がある点もデメリットを感じます。特に小規模な個人経営の医院では、大きな病院や企業に比べて福利厚生が手薄になる傾向です。例えば、健康保険や雇用保険の補償範囲が限定的な場合や有給休暇が取りづらい場合が挙げられます。

福利厚生の面で医院間に大きな差が存在する点は、歯科衛生士が感じるデメリットの1つであり、職場選びの際の重要な考慮事項になります。

昇給には限界がある

歯科衛生士の初任給は高い反面、ある程度の金額で下げ止まりする場合もあります。昇給は多くの場合、経験年数やスキルアップに基づくものですが、長年務めても報酬が期待に応えるほどには伸び悩む場合が多い傾向です。そのため、昇給の面での限界は長期にわたるキャリア形成を考える上での大きなデメリットとなり得ます。

常に勉強が必要になる

歯科医療技術は日進月歩であり、最新の知識や技術を常に学び続けなければなりません。新しい治療法や予防技術の習得は、状況によっては時間的・金銭的な負担を伴うこともあります。このように、専門職としてのスキル維持・向上のための継続的な学習は、歯科衛生士にとって切っても切り離せないデメリットの1つです。

歯科衛生士が重視する職場の条件とは?

歯科衛生士はさまざまな職場条件を重視しています。職場選びで重要視するのは、以下のような条件です。

 

  • 休みが取りやすいか
  • 比較的勤務時間が柔軟か
  • 院長やスタッフの人間関係が安定しているか
  • 給与・待遇面が良いか
  • 勤務地が便利か
  • 福利厚生が充実しているか
  • キャリアアップできるか

 

歯科衛生士が重要視する条件は休みの取りやすさから人間関係や福利厚生・キャリアアップの機会など多岐にわたります。上記の条件が満たされる職場は、歯科衛生士にとって長期的に働きがいのある環境を提供できます。

以下では、それぞれの条件を詳しく見ていきましょう。

休みが取りやすいか

歯科衛生士にとって、休みが取りやすいかどうかは、非常に重要な職場の条件の1つです。休みが取りやすい職場では、仕事とプライベートの両立がしやすくなります。すると、ワークライフバランスの向上やモチベーションや心身の健康維持などのメリットもあります。決められた休日だけでなく、有給休暇を取りやすい雰囲気であるかも大切なポイントです。また、歯科衛生士は女性が多いので、産休・育休が取りやすいことも安心して勤続してもらえる要素になるでしょう。

比較的勤務時間が柔軟か

近年、歯科衛生士はワークライフバランスを重視する傾向が強くなり、比較的勤務時間が柔軟な職場を希望する人が増えています。例えば、子育てや介護と両立しやすい短時間勤務や

プライベートの予定に合わせて調整できるシフト制などが求められている傾向です。勤務時間の柔軟性は、医院の規模や診療時間・スタッフや患者様の数により左右されます。一般的には小規模な医院で夜間や土曜・日曜診療を行っておらず、スタッフの数が多い医院が勤務時間の柔軟性が高いでしょう。

院長やスタッフの人間関係が安定しているか

歯科衛生士にとって、職場の人間関係は業務の質に大きく影響します。特に、院長やスタッフ間の人間関係が安定している職場は、安心して働けるでしょう。このような環境は自分では容易に変えることができないため、良好な人間関係が保たれている職場は魅力があります。コミュニケーションがスムーズで、チームワークが高まることから、より質の高い医療サービスの提供につながります。

 

院長ができる職場の人間関係を良くする方法は以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

歯科衛生士は職場の人間関係で悩む?院長ができる人間関係を良くする方法

給与・待遇面が良いか

歯科衛生士が職場を選ぶ上で、給与と待遇は重要な要素です。給与が自身の仕事内容や責任と見合っているか、残業代やボーナスの支給があるかなどは、職場選びの大きな基準となります。給与や待遇が良い職場は、長期的なモチベーションの維持につながり、歯科衛生士としての満足感を高めることができます。

 

歯科衛生士の給料・給与は以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

【2023年版】歯科衛生士が採用できない1番の理由【給料・給与の話】

勤務地が便利か

勤務地の便利さも、歯科衛生士が職場を選ぶ重要な条件の1つです。自宅から通いやすい場所にあるか、プライベートと仕事のすみ分けがしやすいかどうかは、日々のストレスや疲れに直接関係します。便利な勤務地は、通勤時間の短縮やライフスタイルの向上に寄与し、仕事とプライベートのバランスを保つ上で大きなメリットです。

福利厚生が充実しているか

福利厚生の充実度は、歯科衛生士が職場を選ぶ際に重要視するもう1つのポイントです。他の医院と比べて福利厚生が充実している職場は、歯科衛生士にとって多くの魅力を感じさせます。健康保険や厚生年金保険のほか、休暇制度や育児支援など働く上でのサポートが整っているかは、長期的に働きたいと考える歯科衛生士にとって重要な判断基準です。

キャリアアップできるか

キャリアアップの機会があるかどうかも、歯科衛生士にとって重要な職場条件です。特に経験が浅い歯科衛生士や自身のスキルを高めたいと考える人にとって、研修制度や資格取得の支援がある職場は、成長できる環境として非常に魅力的です。キャリアアップの機会を提供する職場は、歯科衛生士にとって安心材料となり、長期的なキャリア形成を支援します。

 

福利厚生の充実につながる歯科の助成金は以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

【2024年最新】歯科で使える人材確保の助成金を徹底解説

歯科衛生士の採用ならデンタルHR総研へ

歯科衛生士の採用において、最適な人材を見つけることは歯科医院の成功に不可欠です。しかし、「忙しくて採用活動に手が回らない」「歯科衛生士を募集してもなかなか応募が来ない」と感じている方も多いと思います。デンタルHR総研では、スタッフが定着せず困っている歯科医院に代わり、採用活動を代行するサービスを提供しています。実績豊富な歯科採用のプロが蓄積してきた確かなノウハウを活かし、採用活動を強力にサポート可能です。

歯科の人材に特化した採用代行サービスを提供しており、ニーズに合わせて選べる3つのプランをご用意し、月額費用や初期費用が無料のプランもございますので、お気軽にご利用ください。

デンタルHR総研のサービス内容はこちら

まとめ

今回は歯科衛生士が感じるメリット・デメリットや重視する職場の条件を解説しました。

歯科衛生士の職業は多くのメリットを享受しつつも、一定のデメリットを感じているようです。医院側はメリットを最大化し、できる限りデメリットを抑えることで魅力的な職場環境を提供できるでしょう。また、休みの取りやすさや福利厚生など、歯科衛生士が重視する職場の条件を理解し、改善に取り組むことが優秀な人材を引き寄せ長期的に雇用するための鍵となります。

デンタルHR総研では、貴医院に最適な人材をプロのノウハウを用いて採用します。歯科衛生士の採用にお困りでしたら、一度デンタルHR総研にご連絡ください。

デンタルHR総研はこちら

歯科衛生士特集&ピックアップ
中途採用初めての採用採用代行・アウトソーシング採用戦略歯科衛生士採用

【医院向け】歯科衛生士「採用サービス」おすすめランキング!【2023】

【医院向け】歯科衛生士の採用サービス15種類の特徴をわかりやすく比較し、ランキング化しました!歯科衛生士の採用・求人でお困りの歯科医院様必見です!

歯科医院が経営難になるには理由がある?!院長の役割や解決方法を解説

歯科開業医の方の中には、「歯科医院の経営がうまくいかない……」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、その原因をはっきり認識している方は少ないのかもしれません。 歯科医院の経営がうま ...

シカカラの紹介手数料はいくら?歯科衛生士採用のため知っておくべきこと

歯科衛生士の求人倍率は非常に高く、採用が難しいのが現状です。人手不足でお困りの歯科医院も多いのではないでしょうか。 本記事では、歯科衛生士・歯科医師専門の人材紹介サービス「シカカラ」についてご紹介しま ...

【医院向け】歯科衛生士採用で完璧を目指すと、始める前に失敗する件

歯科衛生士の採用がうまくいかないとお悩みではありませんか? この記事で「は歯科衛生士採用で失敗するパターン」と「効果的な採用の始め方」を解説します。 歯科衛生士の求人でお困りに歯科医院必見です。

「歯科医院向け採用代行サービス」の契約医院数がサービスリリース4ヶ月で50医院を突破!

下記の通りプレスリリースの配信を行いましたのでお知らせします。 デンタルHR総研株式会社(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:土屋雅臣)が提供する「歯科医院向け採用代行サービス」は、2022年5月1 ...

デンタルワーカーの成功報酬額はいくら?採用成功までの費用を下げる方法

歯科医院にとって、優れたスタッフを採用することは重要なプロセスです。しかし、採用に伴う費用やリソースは、経営に関わる重要な課題でもあります。中には、転職サイトに求人を登録するという方法を選ぶ経営者の方 ...

【歯科医院向け】歯科衛生士の就職先の選び方|魅力を感じる条件

ジョブメドレーで歯科衛生士の求人を行う流れや募集要件のコツ