歯医者の経営は難しい?難しいといわれる理由や成功のポイントを紹介

2024.01.26

「なぜ患者さんが来ないのだろうか」と経営にお悩みの歯医者さんは、近年とても増えているようです。経営を成功させるには、治療の他にも取り組むべき課題がたくさんあります。ご自身のクリニックの実態を理解し、ひとつひとつ解決策に取り組んで、経営を安定させましょう。

本記事では、歯医者の経営が難しいといわれる理由や、経営を成功させるためのコツをご紹介します。

歯医者の経営が難しいといわれる理由

近年は多くの歯科医院が開院していますが、同時に経営難におちいり廃業を余儀なくされる医院も多いのが現状です。現代において、歯科医院の経営はとても難しいといわれています。本項目では、歯医者の経営が難しいといわれる理由を見ていきましょう。適切に対処すれば改善できることばかりなので、ぜひ参考にしてください。

専門性の高い知識が必要なため

歯科医院をうまく経営するためには、幅広い専門的な知識やスキルが必要です。歯科治療に関しては保険診療や自費診療、運営面では宣伝広告・経営・マーケティング、さらにスタッフのモチベーションを保つための育成技術など、すべてこなさなくては利益を出せません。つまり個人開業の歯科医は、クリニックの院長であり経営マネージャー、そしてマーケターでもあります。多くのクリニックではこれを院長が1人でこなそうとするため、失敗してしまうケースが増えているようです。ご自身でまかないきれない業務は、経営コンサルティングなどのアウトソーシングも検討しましょう。院内の業務も信頼できるチーフ衛生士などにまかせれば、医師は診療に集中でき、結果としてリピート率アップにつながるでしょう。

歯科医療市場は競争が激しいため

現代は個人の歯科医院が増え続けており、歯科医療業界の競争はとても激しくなっています。「令和5年厚生労働省の医療施設動態調査」によると、歯科医院の数は67,431軒にものぼります。コンビニの数よりも多いと考えると、数の多さがわかるでしょう。

反対に人口は減少し続けているため、患者の取り合いになってしまいます。駅前などの便利な場所ではすでに競走が激化しているため、安易に参入すると失敗してしまうこともあるでしょう。新たに開院するならば事前にしっかり調査をし、歯科医院が少なく人口が多い場所を選ぶことが大切です。

設備やスタッフ育成などの運営コストがかかるため

近年の歯科業界は競争が激しいこともあり、運営コストがかかりすぎるため経営が難しくなっています。テナントの利用料や詰め物に使う金属の材料費は高額になっていますし、他院との差別化を図るために最新の設備やスタッフの育成も欠かせません。研修費用や支援制度を設けるクリニックも増えており、コストは上がり続けています。収益を出しづらい状況が続いているため、保険診療だけを地道に行っているクリニックは経営が難しくなってしまうでしょう。

人材採用が難しいため

近年は歯科医院がとても増えているため、歯科衛生士などの人材採用がとても難しくなっています。2021年の歯科衛生士有効求人倍率は、22.6倍とされており、つまり1人のスタッフを、20院ほどで取り合っている状況です。優秀なスタッフを採用するためには積極的な採用活動をすべきですが、歯科医院長は診療が本業です。採用業務まで手がまわらず、求人を掲載して待っているだけというケースもあるでしょう。

しかし、スタッフが集まらなければ患者さんへの質の良い診療ができません。医院長の担当する業務も増えてしまうため、人材獲得対策は必須です。

歯科衛生士の採用にお悩みの方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

歯科衛生士の雇用・採用はなぜ難しい?理由を知って採用を成功させよう

歯科衛生士の採用は難しい?誰も教えてくれない歯科衛生士の採用方法

臨機応変な経営対策が求められるため

長年地元で続いた歯科医院でも、時代に合わせて臨機応変に対策ができなければ経営難におちいってしまいます。経済が変動し物価が上がれば、患者さんも歯科費用を削減します。新型コロナウィルスなど感染症への対応の仕方でも、集客数は影響されるでしょう。また、時代とともに「待ち時間短縮」「優しいスタッフ」「痛みのない治療」など、サービス面を求める患者さんも増えています。歯科医院の経営には、さまざまな時代の影響によって対応を変える、フットワークの軽さも求められるでしょう。

歯科医院の経営難の解決方法はこちらの記事でも解説しています。ぜひご覧ください。

歯科医院が経営難になるには理由がある?!院長の役割や解決方法を解説

歯科経営を成功させるには

現代の歯科医院経営は難しいといわれていますが、時代に即した戦略を立てることで成功しているクリニックも多数あります。

本項目では、歯科医院の経営を成功させるために有効な方法をご紹介します。取り入れることで本業の診察がしやすくなるケースもあるので、今後のためにぜひ検討してみてください。

経営、マネジメントの講座やセミナーを受講する

歯科医院の経営には、「歯を治せること」以外にも経営やマネジメントのスキルが必要です。今まで経営についてしっかりと学んだことがない方は、講座やセミナーを受講して勉強してみるのもおすすめです。余裕があれば診察後に勉強会に参加したり、興味のある本を読んだりしてみましょう。

しかし、個人経営の歯科医の方は、日々の診療業務であまり時間が取れないと思います。近年は自宅で気軽に参加できるWEBセミナーも増えているので、活用してみましょう。それでも余裕がないと感じる方は、思い切ってアウトソーシングに依頼し専門家におまかせするのもおすすめです。

ウェブサイト・ソーシャルメディアを活用する

現代の歯科医院の経営には、ウェブサイトやソーシャルメディアの活用は欠かせません。新規の患者さんは、ほとんどの場合、ホームページやSNSなどを見て来院します。広告や看板など物理的な宣伝だけでなく、ネット広告や地域のクリニック一覧サイトなども活用して、患者獲得につとめましょう。同時にスタッフを育成し、来院した患者さんがSNSに良い口コミを載せてくれるようにするのも大切です。診察では定期検診やメンテナンスを案内し、一度獲得した患者さんがリピートしやすいしくみを作成しましょう。

患者のフィードバックを収集してサービス向上につなげる

診療を行いながら積極的に患者さんと会話をし、フィードバックを収集してサービス向上に活かしましょう。患者さんのニーズは、地域やトレンドによって変わります。高齢者の多い地域ならば、歯周疾患ケアや訪問診療に興味があるでしょう。

現代ではホワイトニングやマウスピース矯正などへのハードルも低く、口元の問題を解決する審美歯科に興味のある方も増えています。「自費診療でも良い」と考える方も多いので、収入アップの手助けになります。無理にすすめると医院の評判が下がってしまうので、パンフレットやポスターなど伝え方を工夫しましょう。

最新の歯科技術や設備への投資

経営に問題があると、思い切った設備投資には不安があるかもしれません。 しかし、最新の歯科技術や設備を導入するのは、新規の患者さんを獲得するための先行投資だと思っておきましょう。競争の激しい歯科業界では、他院との差別化が重要です。患者さんが興味を持つ「コンプレックスケア」や「痛みのない治療」など、最先端の治療を受けられる環境を提供できれば、競争力を維持できるでしょう。最先端の技術は自費診療になることも多いので、診療単価も上がります。

スタッフのモチベーションを向上させる

サービス精神が求められる現代では、スタッフの対応は患者さんがクリニックを選ぶ大きなポイントです。スタッフが仕事をしながら成長できるシステムを作り、モチベーションを向上させましょう。スキルアップを目指した研修支援制度や外部の接客研修、成果に応じたインセンティブなどを導入するのもおすすめです。もちろんお金はかかりますが、スタッフにやる気が出ると、結果として経営の安定にもつながります。

採用代行サービスを利用する

個人の開業医の方はご自身が院長先生をつとめ、採用・経営・宣伝のすべてを1人で背負う傾向があります。もともと医師には診療の仕事がありますから、求人原稿作りや面接対応などは、残業して行うしかありません。負担に感じるときは、思い切って採用代行サービスなど専門家の利用も検討してみてください。採用代行サービスは採用までの面倒な手続きをすべておまかせでき、院長先生のすることと言えば選考と面接くらいです。外注によって時間に余裕が生まれるので、より診療に専念できます。

歯医者は儲からない?

「歯科業界は一生仕事があるので儲かる。」というイメージがありますが、開業医などの歯科医師は収入を保証されていません。歯科医師はそれぞれの技術力によって、儲かるか儲からないか大きく差が出る職業です。さらに競争の激しい現代では安定した治療技術だけでなく、経営力やマーケティング力・マネジメント力・ソーシャルネットワークなどのトレンドを読む力も収入に影響するでしょう。

開業後の歯医者の年収

開業医の歯科医師の年収は、1,200万〜1,400万円ほどとされています。勤務医よりは収入が多いですが、開業医は診療所の設備投資や建物の増改築など、経費や借り入れも収入の中から支払われるため、計画的に貯蓄をしておく必要があるでしょう。

歯科医師会が発行する「歯科白書」という本によると、年収の幅はとても広く、20%の歯科医は年収3,000万円以上を実現していますが、反対に300万円以下の歯科医も20%存在します。歯科医院の経営には、技術だけでなく、運営スキルが収入を大きく左右します。

経営を成功させるにはスタッフ採用にも力を入れるべき

歯科医の経営を成功させるためには、スタッフ採用にも力を入れましょう。能力の高いスタッフが多数在籍すれば、医院の評価が上がり患者さんのリピートも増えます。成長できる職場環境を整えてあげれば、モチベーションが上がりクリニック全体の雰囲気も良くなるでしょう。個人のスキルが上がれば、信頼できるスタッフに業務の一部を完全におまかせできるので、院長は診療に集中できます。ご自身で手がまわらないときは、採用代行サービスなどを活用して、良いスタッフを効率よく採用しましょう。

歯科衛生士の採用でお困りならデンタルHR総研

「歯科衛生士の採用に手がまわらない」「求人サイトに求人を掲載してもなかなか応募がこない」とお悩みの医院長さまは、歯科採用成功率99%の代行サービス「デンタルHR総研」の利用をご検討ください。

デンタルHR総研は、安心のノーリスクでスタッフ採用ができる、業界でも珍しい完全報酬型の採用代行サービスです。担当者は歯科専門リクルーターばかりで、高い知識と経験を活かし「攻め」の姿勢で人材を獲得します。面倒な採用業務は丸ごとおまかせください。求人原稿やスカウトメール・応募者への連絡・面接の日程調整・採否通知・条件交渉まで、一手にお引き受けします。院長先生が行うのは求人条件の設定と選考・面接・受け入れなどの大切な部分だけです。

人材採用にお悩みの医院さまは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

医院のニーズに合わせた3つの料金プラン

デンタルHR総研の料金プランは「無駄な費用は一切発生しない」点が大きな魅力です。3つのプランはすべて初期費用無料なので、各医院の状況やニーズに合わせて無理のないものをご選択ください。

完全ノーリスクならば、月額は0円で業界でも珍しい完全成功報酬型の「ベーシックプラン」。「プレミアムプラン」は安価な月額(5万円)を支払いつつ、成功報酬を抑えるタイプです(歯科衛生士25万、助手・受付15万など)。

長期の視点で安定した採用を相談したいならば、「VIPプラン」がおすすめです。月額8万円で頼もしい人事顧問がつき、成功報酬は発生しません。

アフターフォローも完備

人材の採用代行サービスでは、「高い成功報酬を支払ったのに、すぐに辞められてしまった」など入職後のトラブルも起きがちです。

デンタルHR総研では30日間の返金保証がついているので、心配はいりません。万が一早期退職者がいれば、成功報酬は全額返金いたします。また「入社したら終わり」ではなく、入職後もフォローを継続します。一般的には難しい契約の中断や再開も、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は歯科医院経営の難しさについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。歯科医は一生なくならない安定職といわれますが、現代の歯科業界は競争が激しく、運営は難しいです。経営を成功させるには、経営・採用・マーケティング・マネジメントなどのスキルを取り入れていきましょう。しかし、個人の開業医の方などは診療以外に仕事が増えると負担になりかねません。そんなときは、効率の良いアウトソーシングを利用するのもおすすめです。「デンタルHR総研」は、歯科採用のプロフェッショナルです。完全報酬制でリスクなくスタッフ採用ができるので、お気軽にご相談ください。

お役立ち情報
採用代行・アウトソーシング採用戦略歯科経営歯科衛生士採用

歯科衛生士がやってはいけないことは?違法行為をしないために知るべきこと

歯科衛生士の業務は、歯科医師の業務とは異なります。歯科衛生士は、歯科医師の監視のもと、業務を行うこととなっているのです。そのため、歯科衛生士に歯科医師の業務を任せてしまうと、それは違反行為となります。 ...

成人年齢18歳でどう変わる?歯科医院の採用や労務管理への影響は?

改正民法により、2022年4月から成人となる年齢が18歳に引き下げられました。 これによって歯科衛生士、歯科助手・受付、歯科医師の「採用」や「労務管理」に影響はあるのか、何が変わるのかを解説します。

グッピー・ジョブメドレー対応|歯科衛生士募集のための「求人タイトル」

歯科衛生士の求人原稿でもっとも大事な要素はなんだと思いますか?それは「求人タイトル」です。 この記事では歯科衛生士が応募したくなる求人タイトルの作り方や注意点などを解説しています。歯科衛生士の採用でお困りの歯科医院様必見です!

歯科衛生士の求人で「求める人物像」を載せると【応募が減る】!?

求人情報のコンテンツによくある「求める人物像」、実は歯科衛生士の採用で公開すると【応募が減る】ということにお気付きですか? この記事ではその理由と対策について解説してます。 歯科衛生士の採用でお困りの院長必見です!

グッピーで歯科助手の求人・採用を成功させるには?

歯科医院には、歯科医や歯科衛生士だけではなく歯科助手という仕事も欠かせないものです。しかし、歯科助手の採用はあまりうまくいかないといわれています。 そこで活用したいのが、医療・介護・福祉系に特化した求 ...

【医院向け】「労働条件通知書」と「雇用契約書」についての解説〜歯科衛生士・歯科助手・歯科医師共通〜

歯科医院における早期退職の原因である採用のミスマッチ。その原因は「聞いていた話と違う」です。そんなミスマッチをなくす意味でとても重要なのが「労働条件通知書」と「雇用契約書」。この記事ではそんな「労働条件通知書」と「雇用契約書」について詳しく解説しています。

歯科コンサルタントの評判は?良いコンサルタントを選ぶためのコツ

歯科クリニックの人件費率はどれくらい?給与の平均や設定方法を解説